生でネバネバ~加熱でふわっと♪  元気モリモリ!「山芋」

Photo 

今回は、ネバネバ成分が多彩な効果を発揮する
山芋(別名:やまのいも)についてのお話です。

山芋といえば、
「ネバネバ」した食感で「ツルッ」とのどに入り、
食欲がない時も食べることができる食材のひとつ。

山芋短冊やとろろ汁など生で食べることも多いですが
関西ではお好み焼きの生地に入れたりします。

山芋入りのお好み焼きはふわっとした食感がたまりません!

あのふわふわ感が大好きなワンちゃんネコちゃんも
多いのではないでしょうか?

  

「山芋」という名前は、
もともと「山で取れる芋」の総称で、

対して「里芋」は「人里で作る芋」として
使い分けられていたようです。

 

現在日本では、

●長いも
●やまといも
●いちょういも
●自然薯(じねんじょ)

などの種類が見られます。

☆「むかご」は自然薯や長いもの芋が地上にできたもの。


日本での歴史は意外と古く、
一説には縄文時代から
栽培されていたといわれています。

 長いもの仲間は中国から渡来し栽培され、
 平安貴族の間では自然薯を使った
 「芋粥」
 を珍重していたとか・・・。

確かに、昔から滋養強壮効果は有名ですし、
いも類の中では唯一、生で食べることができて
消化によい、とくれば、
昔の人達も放ってはおきませんね。

 

保存にも向いており、
昔からいろいろな料理となって
人々に親しまれてきたのでしょう。

ちなみに「自然薯」は読んで字のごとく、
山野に自生する天然の山芋のことを指します。

 

対して、

 長いも
 やまといも(別名つくねいも)
 いちょういも

は栽培種。

このように種類はいろいろありますが、
成分はほぼ同じで水分の量や粘り気によって
使い分けられているようです。

また、
頻尿や夜間排尿過多にも優れた効果を発揮し、
中国では糖尿病の治療薬としても使われるそう・・・。

 

アクが強いので調理時やお口の周りがかゆくなるのは
少々つらいですが、小さい子からシニアまで
ぜひぜひ使っていただきたい食材です。

 

山芋の皮を剥いたり擦りおろす時、
手がかゆくなる場合がありますが、
皮を剥いたり擦ったりすると、
皮の付近にあるシュウ酸カルシウムの
針状の結晶が壊されてバラバラになり、
手にささってかゆみが発生します。

シュウ酸カルシウムは
【酸に弱い】という性質を持っているので
あらかじめ酢水につけてから料理すると、
かゆみが起こりにくくなります。

またアクが抜けるので、変色を防ぐ効果も♪

 シュウ酸カルシウムは、皮のすぐ下にあるので
 少し厚めに皮を剥くとよいですよ。

かゆみが起こった時は、
レモン汁をかゆい部分につけたり
酢を薄めたもので軽く洗い流すと
かゆみがいくぶんおさまります。

 

生で食べるもよし!加熱するもよし!

加熱すると消化酵素の働きこそ落ちますが、
加熱した時のふわっと感はまた格別!

 

その日の体調や気分に合わせて
生でも加熱でも、
いろいろな食感を楽しんでくださいね♪

 

☆ ★ 食品図鑑 『山芋』 ★ ☆

 秋
 
  

 
主な栄養成分

●でんぷん
●でんぷん分解酵素:アミラーゼ(ジアスターゼ)
●ムチン
カリウム
食物繊維

 

選び方

・皮に凸凹や傷がなく土がついたもの<
・ずっしりと重いもの

 

調理のポイント

・アクが強く変色しやすいため、 皮を厚く剥き早めに酢水につける。
 →手がかゆくなりにくい。

・加熱すると消化酵素の働きが落ちるので
 とろろ汁などにする場合は、
 だし汁の温度を40~50度にして冷ましてから加える。

 

保存方法

・丸ごとなら新聞紙に包んで冷暗所へ
・長期間保存する時は、土の中に埋めてしまう方法も!
・すりおろしたものは冷凍保存も可能です

  

(文章:大竹由紀インストラクター

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

| | コメント (0)

アイヌ伝説 神からの贈りもの【ししゃも】

今回の食材は、
世界でも北海道南部の太平洋沿岸でしかとれない
日本固有の魚【ししゃも】です。

Photo_3  Photo_4

 

 

 

 

ししゃもが日本固有の魚だってとこ、ご存知でしたか?

ふだん町の居酒屋やスーパーで
【子持ちししゃも】
として親しんでいる魚の90%は
日本固有のししゃも(本ししゃもという)ではなく、
別の種類の魚なのです。

本ししゃもの漁獲高減少のために
本ししゃもの代用として利用されている、輸入物の
【カラフトシシャモ(カペリン)】
という魚です。

こちらは本ししゃもに比べ価格も安く、
外観、食感が本ししゃもに似ています。

ししゃもは、アイヌ語の
●susam(スサム)=柳、
●ham(ハム)=葉
に由来して柳葉魚と書きます。

アイヌの伝説には
飢餓で苦しんでいるアイヌたちが神様に助けを求め、
神様が柳の葉に魂を入れて川に流たところししゃもとなり、
アイヌたちが救われたとあります。

伝説にある川は
北海道のむかわ町を流れる鵡川とも言われています。

鵡川町に伝わる神々へ豊漁を祈る儀式
【シシャモカムイノミ】
は、ししゃも漁の前に行われ、
今もししゃもは神がくれた霊魚として大切にされています。

鵡川町は、
平成7年にししゃもを町魚に制定し、
森や川を守って、
漁獲高が減少しているししゃもを
町の資源として残す取り組みをしています。

そんな神様の贈り物である【ししゃも】の
本物の風味を味わってみたいとネットを覗いてみると、
一匹100円前後の高値に驚かされました。

本ししゃもの減少が原因とか。

でも一度本物の味を味わってみたいですね。
きっと私が今日までに食べてきたししゃもは
【カラフトシシャモ】のようですから。

 

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『ししゃも』 ★ ☆

 

 ししゃもは回遊魚で、
 産卵のため河口に上ってくる10月から11月にかけての約一ヶ月間漁が行われます。

 この時期のメスは卵がびっしりで体は脂っぽくなくさっぱりしています。
 オスは味ではメスに勝るとか!

 地元では10~11月の漁期には生ししゃもを刺身や寿司ねたにしていただきます。
 
※ししゃもの獲れる地域で見られる、獲れたししゃもを塩水につけて葦の茎にさして天日干しする秋の風物詩【ししゃものすだれ干し】の光景は圧巻だそうです。

 

主な栄養成分

生干し、焼きししゃもの栄養素 (100g当り)  

日本食品標準成分表(5訂)

  エネルギー    177kcal
  たんぱく質   24.3  g
   脂 質     7.8  g
  炭 水 化 物    0.2 g
  カルシウム    360mg
    鉄      1.7mg
  マグネシウ     57mg
    銅     0.11mg
   亜 鉛     2.1mg

 ししゃもは栄養的にとても優れています。

 なかでも、
 ●カルシウムは牛乳の4倍!
  成人が一日に必要とするカルシウム600mgを
  7~8匹で摂取できることになります。
  頭から丸ごといただけるししゃもならではですね。

 また、
 ●免疫力強化や粘膜の強化に効果のある
  ビタミンA、B2も含まれています。

 また、
 ●不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。

 ししゃもに含まれる
 ●セレンセレニウムは抗酸化作用があります。

 栄養成分はカラフトシシャモもほぼ同じでした。
 栄養的にも引けをとかないカラフトシシャモも大いに利用したいですね。

 
選び方 

本ししゃもの生はなかなか手に入れることはむずかしそうですが、
生干しのししゃもは冷蔵、冷凍食品として流通しているので一年中利用できます。

スーパーなどで見つけたししゃもが本ししゃもなのかカラフトシシャモなのかは
簡単に区別できそうです。

 ☆鱗を見ます。カラフトシシャモの鱗はとても小さくて銀色です。 
  本ししゃもは鱗が大きく、体もカラフトシシャモの細長いのに比べて
  太くなっています。

  素人目には難しいかもしれませんが、値段のひらきが大きいので 
  それが目安になりそうですね。

 ※写真上が子持ち本ししゃも。写真下がカラフトシシャモ。

Photo
Photo_2  

保存方法

 
 旬の時期は短いので冷凍物として流通しています。

  冷凍で60日前後
  冷蔵で3日前後です。


 

調理のポイント

 
●旬の時期、生で手に入れば、地元で親しまれている 
  「ししゃもの生ずし」や
  「ししゃもどんぶり」
 など生食メニューも楽しめます。

 これには、あっさりとした口当たりで甘みのあるオスのししゃもが使われます

 

●多く流通している生干しをさっとあぶっていただくのは、
 ししゃもを頭からすべていただける最高の調理方法ですね!
 栄養も丸ごといただけます。

 焼く時は頭や尾を焦がさないようにそばを離れず焼くことです。
 人はフライパンでバターしょうゆ焼き、しそニンニク焼きなどおススメです。


●焼き以外にも甘露煮や天ぷら、南蛮漬け、粕や西京漬にして焼いていただくなど
 頭か食べられる調理法があります。

 ししゃもを春巻きの皮に、大葉やチーズといっしょに巻いて揚げる
 「ししゃも春巻き」もお試し下さい。

 
【犬や猫に与える場合】
さっとあぶってから、骨を取り除くと良いでしょう。
私たちは頭から骨ごといただけますが、火を通した骨は与えないほうが良いです。

 

(文章:松岡麗子インストラクター

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

インカ帝国が繁栄したのも「さつまいも」のおかげ!

今回の話題は「さつまいも」です。

 

Photo_5

私たちも大好きなさつまいもですが、
ワンちゃんたちも大好きな食材ですよね。

まずは、さつまいもの由来をご紹介しましょう。

 

◎さつまいもは飢饉食!日本ではあの徳川吉宗が普及に貢献!!

さつまいもの原産地は南アメリカとされています。
アンデスやインカ帝国などの文明がこの地で栄えた原動力が、
とうもろこしやじゃがいもとともに、このさつまいもだと考えられています。

コロンブスのアメリカ大陸発見によりヨーロッパに伝わり、
大航海時代、世界中に広まったとされています。

 

さつまいもは、痩せた土地でもよく育つので
『飢饉食』として活躍しました。

日本へは、
16世紀末に中国から沖縄に伝わり、九州各地へ。

そして、関東へは…
 
 1732年の享保の大飢饉により
 西日本が大凶作に見舞われ深刻な食料不足に陥る中、
 今日の長野県と鹿児島県では餓死者を出さなかったことから、
 さつまいもの有用性を天下に知らしめることとなり、
 八代将軍・徳川吉宗が、さつまいもの栽培を関東に広めたとされます。

その時活躍したのが
あの町奉行・大岡越前守忠相や儒学者の青木昆陽らでした。

 青木昆陽は薩摩藩から甘藷(かんしょ)の苗を取り寄せ、
 「薩摩芋」を江戸小石川植物園や上総の九十九里浜において
 試験栽培し、1735年栽培に成功しました。

 
これ以後 関東一円に広がり、
その後、東日本にも広く普及するようになりました。

歴史的には、さつまいもは、

「飢饉を救う食材」

として活躍してきましたが、

1898年、
従来のさつまいもより遙かに甘い突然変異種
【紅赤】を偶然発見され、その後の品種改良により、

『飢饉食』から『美味しいおやつ』

へと役割が変わってきました。


 

◎さつまいもは、アサガオの仲間って知っていました?

さつまいも 【薩摩芋または甘藷:かんしょ 学名: Ipomoea batatas L.】
は、ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。

別名
 ●甘藷(かんしょ)
 ●唐芋(からいも、とういも)
 ●琉球藷(りゅうきゅういも) 
とも呼ばれます。

仲間に、アサガオやヨウサイ(アサガオ菜)があります。
実際に、さつまいもの花はアサガオそっくり(写真)です。

 

◎世界の8割以上を中国が生産。国内では鹿児島が4割のシェア。

世界における生産量は1億3600万トンであり、
主食となるイモ類ではジャガイモ(同3億700万トン)に次ぐ生産量。

生産地域は中国に極端に集中しており、
その大部分は酒類等への加工用になります。

日本の生産量は103万トン(世界シェア0.8%)であり、

 鹿児島県・茨城県・千葉県・宮崎県・徳島県
 

が全国のトップ5県。

この5県で全国の8割、
とりわけ鹿児島県は全国の4割を産していますが、
同県ではでんぷん原料用としての作付けが多く、
野菜としては、茨城、千葉、徳島が主要な産地となります。

ブランドとしては、
徳島県の鳴門金時石川県の五郎島金時が有名ですね。

 

◎栄養価の高いさつまいもの活用方法

・さつまいもは、でんぷんが豊富。

・またビタミンCや食物繊維を多く含み、
 便秘やダイエットに効き目があるとして人気です。

・加熱してもビタミンCが壊れにくい特長があります。

・また、60℃程度で長時間加熱すると、
 デンプンを糖化する酵素が働いて甘味が増すことから、
 石焼き芋やふかし芋はこの性質により
 甘味を最大限引き出す調理法といえます。

また、
さつまいもからはデンプンがとれ、主に春雨の原料となります。

原料としては、ご存じの通り、
芋焼酎のコガネセンガン(黄金千貫)が有名ですね。

 余談ですが…
  「かごしま黒豚」の定義では、肥育後期に飼料含量あたり
  【20%のさつまいもを与える事】が義務付けられているそうです。

  かごしま黒豚のうま味とやわらかさは
  さつまいもが原因と科学的に証明されているそうですよ。
 

 
 

☆ ★ 食品図鑑 『さつまいも』 ★ ☆

 

 秋9〜11月

 いまでは一年中出回っているさつまいもですが、
 9月から11月が旬になります。

 収穫してからある程度保存すると水分が抜けさらに甘みが増すので、
 貯蔵ものは1月から2月が熟成されて食べごろとなります。

 

主な栄養成分

 主成分は糖質のでんぷんです。
 主食になるほどの栄養価の高い食材です。

 食物繊維も豊富で便秘や生活習慣病の予防にも効果的です。

 さつまいもに含まれるビタミンCは、
 でんぷんに守られているので加熱しても壊れにくいので
 煮ても焼いても効率的に摂取することができます。

 できれば、
 皮ごとの調理が栄養を無駄なく摂ることができるのでお勧めです。

 皮には、抗酸化作用の高いポリフェノールの一種、
 アントシアニンが含まれています。


選び方のポイント

 形としては、両端が細くないふっくらしたものを選びましょう。

 全体がしまっていて、皮が剥げていない表面の凸凹のなく、
 ひげ根の跡が小さいものを選びましょう。



調理のポイント

 蒸しても、焼いても、煮ても、揚げてもなんでもOKな食材です。
 灰汁が強く、空気に触れると黒く変色するので、切ったらすぐに水にさらします。

 灰汁は皮の下にあるので、むく際は厚めにします。

 さつまいもは60度くらいで長時間加熱すると、
 でんぷんを糖化する酵素により より甘みが増すので、
 煮物等はじっくり煮込むのがポイントです。

 

 家庭で焼き芋を作る際は
 250度のオーブンで30分くらい加熱するとおいしくできます。

 ※食べ合わせとしては
  バターを乗せて、牛乳を飲みながらがベスト!?

 
 いもご飯、汁物の具やスープにしてもおいしいです。

 ご存じのスイートポテトや大学芋、甘露煮など
 デザートにもなる万能の食材です。

 素材そのものが甘いので、ワンちゃんも大好きです。


保存方法

 寒さに弱いので13度以下の場所や冷蔵庫に入れないようにしましょう

 15度前後の通気性のいい場所で新聞紙などに包んで置くようにしましょう。
 水気があると腐りやすいので注意しましょう。

 

 

 
(文章:山本裕一インストラクター

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

 

|

三摩/三馬/秋刀魚…たくさんの呼び名で愛される「サンマ」


「サンマが出るとアンマが引っ込む」 

Photo

「秋のさんまは滋養にすぐれ、按摩さんの出番を奪うほどに身体に良いお魚だ」
という意味です。

 

秋になると誰でも一度は食べるでしょう。

お店によっては一匹50円!
なんてところもあるとか。

家計にもとっても優しい食材ですね。

江戸時代から
狭真魚(さまな)
祭魚(さいら)
などの名で、大衆魚として親しまれてきたさんま。

関西では今でもサイラと呼んでいるところもありますが、

「さんま」という名前の由来はというと…

 

 むかしむかし、
 ご飯のおかずを

  「

 と言っていました。

 
 しかし、野菜も魚も同じ「ナ」だから不便である。

 
 そこで魚のおかずは

 「真ナ(まな)
 
 と呼ぶことにした。


 さらに細長かったので

  
 「狭摩魚(さまな)

 と呼ばれた…。

 

この狭真魚(さまな)と呼ばれていたものが訛り、
さんまになったという説が有力です。

 「秋刀魚」という字も。

 昔の書物には「三摩」と記されていて、
 夏目漱石の「我輩は猫である」の中では
 「
三馬」と書かれていますが、一般的に1898年頃に
 現在の「秋刀魚」という字が使われる様になったそうです。

 
大衆魚だけに諸説さまざまというところでしょうか・・・

 

さて。

さんまは北海道東沖や三陸沖で獲れたものがおいしいとされますが、
ご存知でしたか?

わたしは産地を気にして買ったことはほとんどありませんでした。

 
「お!」
「さんま!」
「安い!」

これだけですね。

 
秋になると産卵のために本州を南下していくさんまは
10月下旬には脂質含有量が20%に達し、

いわゆる秋の味覚、
『最高に脂の乗ったさんま』になります。

 

本来は、福島県から千葉県の銚子沖に達する
10月下旬から11月が最も脂の乗った旬なのです。

 
しかし、
実際の水揚げ高を見ると
北海道で全国の半分以上が漁獲されています。

早く獲りすぎなのでは?という感じもしますが、
北海道にはブランド化されたさんまもあるほどなので、
味は確かなんでしょう。

でも『一番の旬のさんま』を食べるなら、
10月から11月に売られる、
三陸沖産のさんまがよいみたいですね。

 

このように
さんまが大衆魚として安く食べられるようになったのは
棒受網漁』という漁法のおかげです。

 
現在では全国の97%が棒受網で漁獲されています。

 これは、さんまが夜間光に集まる習性を利用したものですが
 産卵直前のさんまは光に集まらないので、
 店頭で卵を持ったさんまを見かける機会はほとんど無いそうです。

 また棒受網で漁獲される時に
 さんま同士が激しくこすれあうためにさんまのウロコは取れてしまい、
 あのようなツルツルした肌になってしまっているそうです。

ご存知でしたか?
(わたしは知りませんでしたー)

 

取れたウロコは
やはりこすれあっている時にさんまの口に入るらしく、
消化管にはウロコが結構詰まっているそうです。

さんまのはらわたをきれいに食べきる人も多いと思います。
 
はらわたを食べる人はウロコにご注意!

 

本来、魚の内臓はかなり臭みがあり、食べにくいのですが、
さんまは餌を食べてから排出するまでの時間が30分程度と短いため
内臓にえぐみが無く、食べやすくなっているのです。

 
しかしそれでも、少し苦味がありますよね。

  
新鮮なサンマの肝は
トロっとして甘みがありおいしいそうです。

しかし、獲ってから氷蔵で半日も経つと苦味が出はじめ、
24時間で完全な苦い肝の味になってしまうそうです

この苦味がいいという人もいるでしょう。
でも、さんまは網ではなく
一匹ずつ釣り上げたものをすぐに食べるのが
最高の贅沢なのだそうです。


【甘いさんまの肝】

一度は食べてみたいですよね。

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『さんま』 ★ ☆

秋 9~11月

 

主な栄養成分

●必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質
●貧血防止に効果のある鉄分ビタミンB12
●粘膜を丈夫にするビタミンA
●骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンD
DHA・EPAはもちろんたっぷり

 

 
選び方

●頭から背中にかけて盛り上がり、厚みのある方が脂が乗っています。
●魚は内臓から悪くなるので、お腹が硬い方が新鮮です。
●黒目の周りが濁っていなく、透明で澄んでいるもの
●尻尾を持った時、刀の様に一直線に立つサンマは新鮮です。
●口と尾が黄色いものは脂が乗っておいしいと言われていますが、
 尾のほうが信頼性が高いです。

 

 
調理のポイント

●塩焼きは あらかじめ網を熱して、サラダ油かお酢などを塗っておくと、
 皮がこびりつきにくくなり、きれいに焼けます。

 火加減は強火の遠火。一気に焼き上げてください。
 七輪が最高ですね。犬猫には骨を除いて、身をほぐしてあげてください。

●身と小骨をたたき、味噌と生姜で味付けをしてつみれにしてもよいでしょう。

●筒切りにして圧力鍋で煮れば、骨まで柔らかく食べられます。

●酒、醤油、ミリンを同割あわせた中に叩いたわたを入れ、
 3枚におろしたサンマを30分くらい漬け込み、付け焼きにすれば、
 普通の塩焼きとは違った風味が楽しめます。

●8月下旬から9月にはしりとして店頭に並ぶサンマは脂の乗りが今ひとつ。
 なので、そのまま焼くと身がボソボソしておいしくありません。
 刺身で食べるか、煮物のほうがおいしく食べられます。

 

保存方法

鮮度が命!
 買ってきたらすぐに調理をしましょう。
 内臓をきれいに処理して冷凍すれば、煮物や揚げ物などに使えます。
 干物にして冷凍すれば、なお日持ちします。

●内臓を取り出し、塩をすりこみヌカをまぶして冷凍保存すると
 いい味わいをかもし出します。

●頭と内臓を取り、塩をふり、ザルにあげて冷蔵庫で1時間ほどしめます。
 水分を拭き取り、厚めのクッキングペーパーで一匹ずつ包み、
 さらに新聞紙でくるんで冷蔵庫で一晩置きます。
 ラップに包みなおし、冷凍庫に入れれば一夜干しとして約1ヵ月保存できます。
 主に焼き物向けです。

●3枚におろし、脱水シートに包み、冷蔵庫に2~3時間入れ、
 水分が抜けてから使用します。冷蔵庫で3~4日保存できます。
 主にマリネなど生食用です。

●脱水シートがない場合は3枚におろし、
 バットに並べ塩をたっぷりと振りかけ、冷蔵庫に一晩入れます。

 出てきた水分をしっかりと拭き、お酢やオリーブオイルに浸します。
 冷蔵庫で3~4日保存できます。主にマリネなど生食用です。

 

 

(文章:青柳伸介インストラクター

|

果物ですか?いえ、野菜です! 〜『トマト』〜

今回は「トマト」のお話。

Tomato

「トマトは野菜なんだよ」
「えーっ。果物でしょー」

 

子供の頃、こんな会話を交わしたことのある方も
少なくないのではないでしょうか。

かく言う私も、その昔、幼い頃は、
「トマトは果物だ」
と思っていた人の一人です。

 

さて、
トマトが野菜なのか果物なのかをめぐって、
裁判が行われたという事実があるのをご存知でしょうか。

 
 

時は1800年代、19世紀。
ところはアメリカでの出来事です。

もともと南米ペルー産であるとされるトマト。

「トマトが野菜なのか果物なのか、はっきりしてほしい」

と訴えを起こしたのは、トマトの輸入業者。

当時のアメリカでは、
果物には関税がかかりませんでしたが、
野菜には関税がかけられており、
輸入業者にとって、

『トマトが野菜なのか、あるいは果物なのか』

は大きな問題だったのでしょう。

裁判では、【果物派の植物学者】と【野菜派の農務省の人々】が
それぞれの持論・主張を展開し、最高裁まで争われたのだそうです。

結果、
●トマトは料理に使うことがあること
●デザートとしては食さない 
  
等の理由で、
「トマトは野菜である」
という結論に達したということです。

 

日本でのトマトの歴史を見てみると、
日本にトマトが入ってきたのは江戸時代。

しかし、この当初、トマトは食べるものではなく、
観賞用として愛されていたようです

実際にトマトが食べ物として食卓にのぼるようになったのは
今から100年ほど前のこと、とのこと。
現代の私たちにとって、とても馴染み深い野菜ですが、
その歴史は意外にも浅いものなのですね。

 
トマトの収穫量の第一位は熊本県。

千葉県、茨城県、愛知県、群馬県、福島県…と続きます。

・甘いトマトの元祖としてあげられる「桃太郎
・甘味、酸味の調和がとれた「おどりこ
・お弁当の付け合わせに大活躍の「ミニトマト
など、ひとくちにトマトと言っても、実に種類も豊富です。
※ミニトマトにも「ピンキー」や「ココ」、「シュガーランプ」等、たくさんの種類があります!

今や、ハウス栽培も含め、一年を通じて店頭に並ぶトマトですが、
やはり、旬は夏!

旬のトマトをたくさん食べて、元気いっぱいに過ごしたいものです。

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『トマト』 ★ ☆

 夏 

主な栄養成分

リコピン:トマトの赤を作りだしているのがリコピン!
      リコピンはカロテンの一種で、抗酸化作用があります

●ビタミンC:リコピンと同じく、強い抗酸化作用があります

 

選び方のポイント

●ヘタが濃い緑色で、ピンと元気なもの
 ※ヘタがしおれていたり、黄色がかっているものは鮮度が落ちている証拠です。
●トマト全体の色が均一のもの
●皮にハリのあるもの
●持った時にずっしりと重みのあるもの
●おしりの部分の放射状がはっきり出ているもの

 

調理のポイント

●トマトの主な栄養素とされるリコピン等のカロテンは、
「生で摂るよりも加工されたものを摂るほうが2〜3倍吸収しやすいこと」
がわかっています

また、リコピンの吸収性を高めるためには
油を使った料理にトマトを加えることもおすすめです

オリーブ油でたっぷりの野菜を炒め、トマトで煮込むラタトゥイユは、
夏野菜とトマトの栄養をまるごと摂れるメニューのひとつですね。

 

 

保存方法

●ビニールの袋に入れるか、
あるいはラップにくるんで 
冷蔵庫の野菜室で保存するのがおすすめです。

 

 

(文章:鈴木美由起インストラクター

 

鈴木インストラクターのHPはコチラ → 『キャットシッター猫屋敷


 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

「長寿の源、豚肉パワー!」

今回は「豚」のお話ですが…

200984


豚と言うとあまり良い例えには使われませんよね。
ことわざでも
「豚に真珠」
「豚に念仏」
「豚の耳から絹の財布はできない」  

などと、

価値の無いものの例えとして使われることが多く、
挙句の果てには「このブタ野郎!」なんて
ひどい言われ方をされているのは、
豚にとっては心外でしょうね。

 

単に豚と言っても、

 ・ヨークシャー種
 ・バークシャー種
 ・デュロック種
 ・ハンプシャー種
 ・ランドレース種

と種類があり、
黒豚や白豚のほか、SPF豚(清浄豚)などに分けられます。

 

豚肉も輸入が自由化されていて、
輸入豚肉は、現在国内消費の約3割を占めています

 
最近は

・イタリアのチンタ・セネ−ゼ、
・スペインのイベリコ豚

など、『ブランド豚』と言われる豚を耳にする事が多いですね。
もちろん日本産のブランド豚もあります。

 

北海道 
サラダポーク、アグロのSPF豚、内海ヘルシーポーク、SPF海のミネラル豚、サチク赤豚、知床ポーク 、十勝黒豚、十勝野ポーク 、どさんこ栄養豚21世紀、中標津ゴールデンポーク、山中クリーンポーク、ビビッドファームSPF豚、びらとりバークシャー、ふらの産ハイコープ豚 ・若松ポークマン

青森県 
奥入瀬の大自然黒豚、奥入瀬ハーブポーク 、こだわりポーク 、津軽愛情豚、自然熟成豚、やまざきポーク、奥入瀬ガーリックポーク

岩手県
泉龍泉洞黒豚、岩中ポーク 、いわて熟成豚、岩手純情豚、折爪三元豚「佐助」、北上山麓豚 、コマクサSPFポーク、白ゆりポーク 、館ヶ森高原豚、トキワの豚肉、南部ピュアポーク、南部ロイヤル、日本の豚 やまと豚、白金豚、やまゆりポーク

秋田県
秋田シルクポーク、あきた美味豚 、十和田湖高原ポーク 桃豚

宮城県
「純・和豚」スーパーヘルシーポーク“清浄豚”、志波姫ポーク 、みちのくもち豚、宮城野豚 、北の杜、桃生ポーク

山形県
平牧金華豚、平牧三元豚 、平牧桃園豚、ヘルシーポーク天元豚、米澤豚一番育ち、高品質庄内豚

福島県
日本の豚 やまと豚SPF、麓山高原豚

群馬県
赤城ポーク(上州銘柄豚)、あかぎ愛豚、吾妻高原ポーク、梅の郷 上州豚とことん、えばらハーブ豚 未来、奥利根もち豚(上州銘柄豚)、かぶちゃん豚、クイーン黒豚、クイーンポーク、黒豚とんくろー、群馬 ひらさわ豚、下仁田ポーク、上州いきいきポーク、上州黒豚、上州高原の熟成豚 ポルコ&ポルコ、上州右そだち(上州銘柄豚)、上州麦豚(上州銘柄豚)、登山豚、日本の豚 やまと豚、ハイポーク(上州銘柄豚)、はつらつ豚(上州銘柄豚)、名山麓 黒豚、榛名山麓 松田豚、榛名ポーク、ピュアポーク、ミネ豚、和豚もちぶた、赤城高原豚、和豚もちぶた

栃木県
栃木LaLaポーク、那須高原豚、みずほのポーク、黄金豚

茨城県
奥久慈バイオポーク、キング宝食、地養豚、シルクポーク、はじめちゃんポーク、美味豚、美明豚、山西牧場、ローズポーク

埼玉県
小江戸 黒豚、彩の国 黒豚、サイボクゴールデンポーク、狭山丘陵チェリーポーク、スーパーゴールデンポーク、花園黒豚、バルツバイン、幻の肉 古代豚、彩の国 愛彩豚、キトンポーク

千葉県
房総ポークC、林SPF

東京都 
TOKYO X

神奈川県
かながわ夢 ポーク、さがみあやせポーク、自然派王家、湘南うまか豚、湘南ぴゅあポーク、湘南ポーク、丹沢高原豚、日本の豚 やまと豚、はーぶ・ぽーく、はまぽーく、やまゆりポーク

新潟県
越後あじわいポーク、越後もち豚、北越後パイオニアポーク、くびき野黒豚、越乃黄金豚、熟成豚、しろねポーク、つなんポーク、妻有ハーブ健康豚、妻有ハーブぶた純生、妻有ポーク、なごみ豚、ニホンカイポーク、八海山麓健康豚 、ぼくじょうちゃんポーク、深雪餅豚、ヨツバポーク、朝日豚

長野県
純味豚、信州野豚、信州ポークSPF豚、信州ポークみゆき豚、千代福豚、ハヤシファーム豚、舞豚、駒ヶ岳山麓豚

富山県
とやまポーク

石川県
石川県産豚

福井県
ふくいポーク

岐阜県
飛騨けんとん、美濃けんとん、美濃ヘルシーポーク

山梨県
ワイン豚、フジサクラポーク

静岡県
熱川高原フレッシュポーク、遠州黒豚、遠州の夢の夢ポーク、奥山の高原ポーク、おらんピッグ、かけがわフレッシュポーク、御殿場金華豚、サンサンポーク、とこ豚、富士朝霧高原放牧豚、富士なちゅらるぽーく、ふじのくに「いきいき」ポーク、ふじのくに「HHP」 浜北ヘルシーポーク、ふじのくに すそのポーク、ふじのくに 浜名湖そだち朝霧ヨーグル豚

愛知県
あかばねポーク、あつみポーク、タイヨーポーク、知多ハッピーポーク、知多豚、デリシャスポーク 絹、トヨタポーク、みかわポーク、やまびこ豚、

三重県
みえ豚、三重クリーンポーク

京都府
京都ぽーく

奈良県
奈良産豚肉ヤマトポーク

鳥取県 
鳥取産SPF豚

岡山県
おかやま黒豚、美星豚

島根県
SPC島根ポーク、ケンボロー 芙蓉ポーク

広島県
幻霜スペシャルポーク

山口県
山口高原豚、鹿野高原豚

香川県
讃岐夢豚

愛媛県
ネッカ豚、ふれ愛、媛ポーク、ももくり豚、クィーンズハイポー豚

徳島県
阿波ポーク

福岡県
国産もち豚、博多すぃ〜とん、糸島豚、南州八戒

佐賀県
肥前さくらポーク

大分県
大分もち豚

熊本県
くまもとSPF豚、熊本きくち黒豚、スーパーポークもっこす、梅肉ポーク、阿蘇高原やまとんポーク

宮崎県
えびの産黒豚、尾鈴豚、観音池ポーク、北浦Oh茶メ豚、霧島黒豚、はざまのきなこ豚、宮崎ハマユウポーク、宮崎ハマユウポークかんしょ豚、麦穂、わかめ豚、えびの高原極味豚

鹿児島県
鹿児島OX、九州もち豚、かごしま黒豚、薩摩高原豚、さつま美食豚、純粋黒豚「六白」、茶美豚、天恵美豚、南州ナチュラルポーク、ネオSPF豚

長崎県
雲仙特選豚 極、MD雲仙クリーンポーク、五島SPF『美豚』、大西海SPF豚、長崎うずしおポーク、雲仙うまか豚「紅葉」

沖縄県
寿豚、美ら海豚、やんばる島豚、琉球長寿豚、琉球ロイヤルポーク、琉寿豚、琉美豚、あぐー豚     

(豚肉NO銘柄より)

 

 

ざっと見ただけでも、こんなにたくさんあるのは驚きです!

 
イベリコ豚がどんぐりを食べさせて育てることは知られていますが、
ユニークなのは山梨県の「ワイン豚」です。

白ワインを飲ませて育てるそうですが、
飲ませ過ぎると肉が固くなるので、
1頭につき 【15リットル】と決めているそうです。

私もワインばかり飲んでいると、肉が固くなるのかな?
などと考えてしまいますね。

 

ブランド豚肉は、
生産者や生産農家が他の豚肉との競争に勝ち抜くためや、
豚肉の付加価値を上げて差別化を図るために、
豚肉の品種や飼育環境、飼料など特別な基準で生産・飼育しています。

 
ブランド豚肉には一定の基準や全国的なルールが無いため、
生産者によってブランド豚や銘柄豚と名づけられています。
だからこんなに種類が増えたのですね。

そしてブランド豚を多く生産していて、
日本国内での豚肉消費量が一番多いのは【沖縄県】です

 

沖縄県と言えば長寿という印象がありますが、
昨年の男性の長寿人口の一番は長野県に抜かれてしまいましたが、
女性の長寿人口一番は依然として沖縄県です。

そこで気になるのは豚肉と長寿との因果関係ですが、
沖縄のお年寄りは、豚肉を「焼く」よりは「煮て食べる」事が多いそうです。

しかし煮てしまうと、
せっかく豊富に含まれているビタミンB1
水溶性の為、溶け出してしまいます。

ビタミンB1の性質を知ってか知らずか、昔からの知恵なのでしょう、

汁ごと食べるソーキ汁などが、
代表的な郷土料理になっているのでしょうね。

 

こうなると、
決して豚は価値の無いものなどとは言えません。

食材としての価値は、長寿を導くスグレモノです。
このように言えば、
「豚もおだてりゃ木に登る」でしょうか?
(これはことわざではなく、慣用句ですが)

豚肉を上手に食べて、長寿を目指しましょう!

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『豚肉』 ★ ☆

 なし(通年)
 


主な栄養成分

ビタミンB1 …牛肉の約10倍もあります。
        ヒレ肉>モモ肉>ロース肉の順で多く含まれています。

※糖質の代謝や神経の働きに関係している栄養素のため、疲労を回復したり、イライラを防いでくれたりする効果があると言われています。豚肉は、疲労回復効果が高い食品と言えますが、食べ過ぎると逆に疲労物質の乳酸がたまってしまいます。レモンやスダチなどのクエン酸を同時に摂取すると、これを回避できます。


たんぱく質 …もも肉100gに含まれるたんぱく質を他の食品換算すると  
        
         卵なら2個
         ご飯なら茶碗6杯
         牛乳では700mg相当

        にもなるそうです。
  

選び方

 豚肉は、7つの部位があります。

 【肩/肩ロース/ヒレ/バラ/モモ/そとモモ/ロース】

 調理にあった部位を選びます。
 淡いピンク色をしているものツヤと弾力があるものが新鮮です。


 

調理のポイント

 豚肉は寄生虫がいることが多いので、必ず加熱して調理します。

 脂肪が多い部位は、特に酸化しやすいので、
 調理は手早く、調理後も時間をおかないようにします。

※ビタミンB1は水に溶けやすい性質を持ち、加熱するといっそう溶けやすくなるので、焼くか汁ごと食べられる調理法がオススメです。

 
保存方法

 豚肉の保存は、ラップでしっかり包んで密閉容器に入れて冷蔵保存します。
 かたまり肉なら、1週間くらいは持つようです。
 また、冷凍すれば、長期の保存が可能です。

 

 

(文章:藤根悦子インストラクター

 
藤根インストラクターのHPはコチラ→ROUTE 299(ルートにくきゅう)

 

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

味と調理の万能選手…「あじ」

毎日の暑さも増し、
夏本番を迎えようとしていますね。

飼い主さんもペットちゃんも、
夏バテしないように、
夏こそ食材にこだわりたいものですね。

ということで、

●安くて
●栄養満点で
●身近に手に入る

食材って、なにかないものですかね~。
 ・
 ・
 ・
 ・

うれしいことに、
それがあるんです!

しかも、

●お刺身でよし
●焼いてよし
●煮てよし
●揚げてよし!

いろいろな楽しみ方ができる、夏の味覚の代表選手!
そう、それが「あじ」なんです。

Photo

 

あじは
青背魚でありながら白身魚の良さを併せ持つ、
いわば、お魚界のハイブリッドカーのような存在!

 
注目の栄養素EPA・DHAなどを多く含み、
生活習慣病の予防にもよい青背魚といえば、
「いわし」「さば」「あじ」が代表的なものですが、
その中でも、あじは癖がなく、万人に好まれる上品な味わいです。

 
他の青背魚もおいしいですが、脂肪が多い分、やや癖があります。
その点、あじの脂肪含有量は、いわしやさばに比べておよそ1/3以下!

 

しかも……

「まあじ」のたんぱく質含有量は20%以上あり、
魚の中でもトップクラスなんです!

青背魚なのに、
白身魚のように高たんぱく、かつ低脂肪・低エネルギーで、
とってもヘルシー!

あじの名前は、

味がいい

ことからつけられたという説が有力なくらい、
多くの人に好まれるお魚なんですね。

 

さて、
あじと言えば「まあじ」が代表的なものですが、ほかにも
「めあじ」
「むろあじ」
「まるあじ」
「あかあじ」
など、さまざまな種類があります。
今では年中出回るようになりましたが、やはり夏が旬

刺身や塩焼き、煮魚、フライのほかにも、
たたき、酢締め、にぎりずし、干物、骨せんべいなど
バラエティに富んだ楽しみ方ができる「調理の王様でもあります。

昔から代表的な大衆魚として私たちの食卓をにぎわしてきましたが、
50万トン以上あった漁獲量が1980年代には1/10に激減。
一時は高級魚とさえ言われました。

しかし、その後漁獲量が回復。
安価で良質のたんぱく質を供給してくれる大衆魚としての地位を保つ一方、
産地によっては「関あじ」など、ブランド化もされています。

 

さあ、どうです。

あじを食べたくなりませんか?

お刺身で一杯

塩焼きで一杯

ビールもうまい!(笑)

 

ほくほくの白身をほぐして、
ぜひ、わんちゃん、ねこちゃんにもあげてください。

きっと、喜びますよ!






☆ ★ 食品図鑑 『あじ』 ★ ☆

夏 6~8月

 
 

主な栄養成分

たんぱく質
あじに含まれる良質のたんぱく質には、
グリシンアラニングルタミン酸などのアミノ酸や
イノシン酸がたくさん含まれ、独特の旨みを醸し出しています。

●EPA・DHA
●カリウム
●カルシウム
●ビタミンA・B2・B6・E・D

※ビタミン・ミネラルなど、さまざまな栄養素がバランスよく含まれている食材です。

 

 
選び方

目に濁りがなく体表面に光沢やハリのあるものを選びましょう。

 

 
調理のポイント

●鮮度が良いものを買ってすぐに食べるなら、お刺身がおすすめ!
●鮮度の良いうちなら、たたきにもできます。人用には、生姜とネギを忘れずに!
●夏の時期はバーベキューでじゅうじゅうと…焼きたてをほぐして食べても最高!
●ほかに、干物、南蛮漬けなど…、人もペットもいろいろな楽しみ方ができます。

 

 

保存方法

●わた(内臓)をつけたままにしておくと、鮮度が低下します
すぐに調理しない場合は、えらやわたの部分を取り除いておいた方がいいでしょう。

 

 

(文章:田村和広インストラクター

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

 

|

ちょっと苦い大人の味 〜「ピーマン」

今回のお題 は<ピーマン>

Photo_2

 

とうがらしの甘辛種であるピーマンは、その味にちょっとくせがあります。

 
みなさんは、子供のころお好きでしたか?

最近はくせのない食べやすいピーマンに品種改良されているようですよ。
 

 
ピーマンは栄養が豊富で、
カロテンビタミンCなどのビタミンが豊富に含まれています。

 
ピーマンに多く含まれるカロテン 
活性酸素の働きを抑制する作用により体の老化やガンを防ぐ効果がある 他、
免疫力も活性化します。


そして ピーマンのビタミンCの含有量は驚くほどで、
人間の場合ですが

ピーマン3個食べれば一日分の必要量が摂取される!

そうです。

 

また、
ピーマンの鮮やかな緑色の色素の素「葉緑素(クロロフィル)」は
コレステロールが血管に付着するのを防ぎ、
体外に排出するのを助ける働きがあります。

抗酸化作用もあり、これまたがん予防に効果が期待できます。


すごいぞ、ピーマン!!

まさにアンチエイジングを目指す人にぴったりなピーマン(笑)

 

 
過熱に弱いビタミンCですが、
ピーマンのビタミンCは熱にも強いのです。

 

味にくせのあるピーマンですが
炒めれば美味しく食べれますね〜

最近は通年手に入るピーマンですが、夏が旬です。

露地ものは栄養価が高いので、夏は積極的に摂りたい食材です。

肉厚で、色つや、形が良く重いものがGOOD!なピーマンです。


そうそう、ピーマン生産トップの県って、知ってますか?
意外にも、茨城県なんですよ!


それでは、ピーマン(アーンド茨城県)をよろしく!!

 

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『ピーマン』 ★ ☆

 夏 6月から8月 



主な栄養成分

ビタミンAカロテン)
●ビタミンC…特にビタミンCは、一個におよそ80mg含まれている。 
      (これはレモンと同等かそれ以上!)   
  ※旬の時期にはそのビタミンCの含有量が2倍にもなると言われている。 
ビタミンP
葉緑素
●食物繊維
●カリウム
●ケイ素
●その他…ピーマン独特のにおいの元である「ピラジン」という成分が含まれる



選び方

●色が濃くてきれいな緑色をしている
●ハリ、ツヤがある
●肉厚
●重みのある  もの

※皮にしわのよっているものは避ける



調理のポイント

●油で炒めて調理する方法が一般的
  …油で炒めてればカロテンの吸収率が高まり、甘みも増す
●生で食べてもよい。

 

保存方法

●常温での保存には不向き
冷蔵では穴が開いたポリ袋に入れて保存する
冷凍保存では種を抜き茹でた後、冷凍する

 

(文章:濱田久美インストラクター 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

 

|

夏でも冬でも人気者!保存も出来て栄養満点の「かぼちゃ」

今回は北海道が主な生産地の【かぼちゃ】の紹介です。

 

かぼちゃの原産国はアメリカ。
日本へは16世紀にカンボジアから伝わりました。
そしてカンボジアから伝わってきた為に
『かぼちゃ』という名前になったそうです。

日本での栽培は明治時代から始まりました。

 

かぼちゃは大きく分けて

「日本かぼちゃ」
「西洋かぼちゃ」
「ペポかぼちゃ」

の3種類に分けられます。

 

日本かぼちゃ は

ねっとりと粘質で煮崩れしにくく、醤油と相性が良い
40年ほど前までは日本かぼちゃが市場の主流

 
西洋かぼちゃ 

甘みが強くホクホクとしていて
スイーツ等色々な料理に使われる。

現在の主流は西洋かぼちゃ

 
ペポかぼちゃ 

淡白な味で皮の色も白・黄色・オレンジ、
形もユニークな物が多い。

おもちゃかぼちゃ、ズッキーニなど

 

という特徴を持っています。

 

品種改良も多く行われ、今ではたくさんの種類があります。

大きさも、

●小さいものは20g、大きなものは300kgを越えるもの

まで様々です。

 

かぼちゃの産地・北海道で多く栽培されているかぼちゃも、
西洋かぼちゃに分類されます

 

 

そして・・・

昔からよく

「冬至の日にかぼちゃを食べると風邪を引かない」

と言われていますよね?
でも、かぼちゃの収穫時期は夏です。

 
収穫は夏で食べるのは冬・・・

ちょっとおかしいと思いませんか?

 

実は、かぼちゃは
カットをしていなければ長期間保存できる野菜なんです。

しかも、貯蔵をすることによって甘みが増すので、
収穫直後より収穫してから1ヵ月後位に食べる方が美味しく食べられます!


これは追熟と言って、収穫後もさらにかぼちゃを熟させるから!
この追熟期間に、カロテン等の栄養価も高まります

甘みが増すのはかぼちゃに含まれるデンプンが糖に分解される為
これを「糖化」といいます。

 

このように長期間保存する事が出来たので
昔から緑黄色野菜が少ない冬に重宝されていたんですね♪

 

 

そしてかぼちゃの代表的な栄養素といえばカロテンですが、

「皮」・「種」には
「実」以上のカロテンが含まれています。

更に「種」にはリノール酸が含まれているので、捨ててしまうのはもったいないかも!

そのほかにもビタミンCE食物繊維となど、
かぼちゃには栄養がたっぷりなんです♪

捨てるところがない優秀な野菜だから、皮・種も残さず食べたいですね!

 

ちょうど美味しいかぼちゃが登場する季節!

かぼちゃ好きなわんちゃん・ねこちゃんは多いので
手作りご飯・おやつに活躍させたいですね♪

 


☆ ★ 食品図鑑 『かぼちゃ』 ★ ☆


 
 5月〜9月 
  ※旬は上記のように言われていますが、貯蔵性が非常に高いので
   年中安定して美味しいものが入手できます。

 

主な栄養成分

 ●βカロテン:体内でビタミンAに変わるβカロテンが豊富に含まれています。
          粘膜強化、感染症を防ぐ役割等。
   注意!:猫は体内でβカロテンからビタミンAに変換することが出来ない
       と言われています 
 
      
 ●ビタミンC:高い抗酸化作用
          コラーゲンの生成などに欠かせない成分等。
 ●ビタミンE:高い抗酸化作用血行促進等。
 ●食物繊維 :皮の部分に多く含まれる。有害物質などの排泄等。
 ●その他 : カリウム、ビタミンB1、ビタミンB2など。


選び方

 ●皮に艶があり緑色が濃く、ずっしりしているもの。
 ●ヘタは枯れていてまわりがくぼんでいるもの。
 ●種がしっかりと詰まっていて、果肉の色が鮮やかなもの。 
 ●皮のムラになっている部分(黄色い部分)の色が濃いもの。

 

調理のポイント

 ●皮には実以上のカロテンが含まれているので調理する時は皮ごとが理想的。
 ●硬くてカットしにくい時は、レンジで少し過熱するとカットしやくすなります。
 ●レンジで加熱する時はラップをかけずに過熱するほうがホクホク仕上がります
 ●種は乾燥させてから加熱すると美味しく食べれます♪
 ●和・洋・中・スイーツとどんな調理方法でも使える万能選手です!

 

保存方法

 ●丸ごとの場合は風通しの良いところで長期保存可能(約1〜3ヶ月)
 ●カットした場合、種とワタの部分を取り除きラップをし、冷蔵庫で保存
 ●あまり低い温度で保存すると痛みやすくなるので注意!
 ●加熱したものを潰して冷凍保存することも出来ます。

 

 

(文章:和泉里衣子インストラクター

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

海の個性派、目立たないけど働き者の 『あさり』

あさりは、古代のゴミ捨て場である貝塚から その貝殻が発見されているほど、
私たち日本人にとって 大変なじみ深い食用貝のひとつです。

あさり とは「浅い水に住む貝」の意味で
『 漁る(あさる) 』という言葉が、あさりの語源 と言われています。

 

さてさて
あさりの貝殻を思い出してみてください。

 
良く見ると微妙に それぞれ異なった複雑な幾何学模様をしており、
十人十色  ならぬ  『 十貝十色 』 とでも言えるほど。

このように
同じ種類のもので 多様の色、模様がある生物は珍しいのだそうです。

 

このあさりの色や模様には、遺伝により一定のパターンがあり
場所によって多い色、模様があり
沼地など泥の多いところにいるものは、黒くなって模様も消えてしまうのだとか。

 

ちなみに 一般的に

国産物は  柄が鮮明なものが多く
輸入物は  柄が薄いものが多い

と言われます。

 

人もペットも
そして  あさりも

すべての生き物にとって  生きていく環境って  大きく影響するのですね。

 

また、あさりは 美味しい食べ物であるだけでなく
なんと 大変な働き者 ってご存知ですか?

彼らは、砂に潜ったまま、海水を大量に取り込むことで
水中のプランクトンなどを食べているのですが


なんと、その取り込む水の量が 

1個体で

1時間に約1L
1日に約10L!! 

と言われ
海水を濾過食することで 水質浄化をしてくれるのだとか。

 

今度、潮干狩りに行って あさりを獲った時
また、店頭で あさりを 見かけたら
 
『海をきれいにしてくれてありがとう。おつかれさま。』

なんて ちょっと ねぎらいの言葉をかけてあげて
そのあと、美味しくいただきましょう♪

 

そんなあさりは、小さな身体なのに  栄養もたっぷり。
疲労回復・造血作用効果などが期待でき
私たち人はもちろん、ペットにも ぜひ、あげたい食品のひとつです。

 

 

☆ ★ 食品図鑑 『あさり』 ★ ☆

 一般的には 春。
 地域によりますが 5~7月が 一番身が肥えていて美味しい と言われます。

 春と秋に 産卵期を迎えるため、栄養を貯めこみ肥えているものが多いのですが
 特に春は 水温が上昇することで エサとなるプランクトンも豊富になり
 より多くの栄養を取りこむため ぷっくりしているものが多いのです。

 

主な栄養成分

 ●ビタミンB2B12
    …特に 造血作用のあるビタミンB12は 多く含まれています

 ●
 ●コハク酸  (貝類に多く含まれる旨味成分) 
 ●タウリン
    …あさりの身はもちろんですが、
     煮汁にも旨味や栄養分がたっぷり含まれているので
     煮汁も一緒にいただきましょう
  * 貝類が苦手な犬猫には 煮汁をフードにかけてあげるのもオススメです


選び方

 中くらい程度(5cmくらい)の大きさのものが オススメ
   *大きいからといって大きい身が入っているとか、 
    美味しいものであるとは限りません。
   (↑ ただし、『 大あさり 』 は除きます)

 殻の模様が  くっきり鮮明なものを選ぶ
   *黒っぽいものは  
    泥の多いところで育ったものが多く砂が抜けにくく、
    逆に、白っぽいものは  
    浅瀬で育ったものに多く美味しくない、と言われます。

 平らなものを選ぶ
   *一見美味しそうに見えるぷっくりしたものは『団子あさり』と呼ばれ、
    浅瀬で育ったものに多くみられるもの。
    一般に 浅瀬よりも沖海で育ったものの方が美味しいと言われます。

 ●新鮮な物の見分け方
 ①固く閉じたものを選ぶ 
  力を入れて貝殻をずらそうとしてみても、新鮮なものは びくとも動きません

 ②塩水につけこむ 
  海水と同濃度の塩水につけこむと 新鮮なものほど勢いよく汐をふきます


調理のポイント

 ●基本的には 加熱
   新鮮なものは 生食可能なものもありますが
   オゾン、紫外線殺菌など特別な処置をしているもの以外は 
   加熱して食べるのが安心です。

 ●砂抜きをする
   海水、あるいは海水と同じくらいの濃度の塩水につけて
   薄暗いところに置いておくと  効果的に砂抜きが出来ます。
   水は数回変えてあげることも忘れずに。
   そのままにしておくと
   せっかく吐き出したものを、もう一度吸い込んでしまいます。

  ※砂抜き済み というものも
   同じように塩水につけておくと、汐と一緒に汚れを出します。

 ●潮出しをする
   食べる前にザルにあげ  1時間以上置いておき(暑い時期には冷蔵庫へ)、
   海水(塩水)を吐き出せさるもの。
   この状態は、水中に住むあさりにとって、ストレスを与えることになり、
   美味しくなる成分である コハク酸が ぐ~んと 増えるそうです。


保存方法

 ●毎日水洗いし、つかる程度の海水(または同濃度の塩水)に入れておけば
  2~3日はOK。(暑い時期には冷蔵庫へ入れましょう)
  新聞紙など 空気の入るようなもので 蓋をすることも忘れずに。
  汐をふくので、大変なことになりますからね!

 ●砂出しが終わっていれば、 
  しっかり水切りをし、新聞紙に包みビニール袋などに入れ、
  冷蔵庫の野菜室に入れておけば小スペースで保存可能
  こちらも 2~3日はOK。

 ●冷凍可能
  殻付きのまま 又は、むき身でよく水洗いし、砂抜き・潮出しの処理後、
  真空状態になる冷凍可能の保存容器 (ジップタイプの冷凍保存袋がオススメ)
  に入れて 冷凍庫へ。     
  ※殻付きのまま保存した場合は、調理する時は、凍ったままで。
  (自然解凍だと貝が開かないことが多いです)
  冷凍保存は約1ヶ月OKですが、できるだけ早めに食べましょう。

 

(文章:藤村裕子インストラクター 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

«生でも揚げても炒めても…小さくても魅力たっぷり『桜えび』