トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

『リン』ってどんな栄養素?

今日はリンについてのお話です。
リンってどんな栄養素?
というご質問をたくさんいただきましたので、Q&Aという形でご紹介していきますね。

リンって、加工食品の添加物に使われるため、あまり良いイメージを持っていない方も多いかもしれませんね。
でも、実は生命維持活動に欠かせない栄養素で、体の中のすべての細胞に分布しています。

ちょっと難しいのですが、一緒にQ&Aを見ていきましょう。


Q.リンという栄養素にはどんな働きがあるのですか?

oneカルシウムマグネシウムと結合して、丈夫で健康な骨や歯を作ります

twoDNAやRNAなどの核酸(細胞の中心にある核)や細胞膜を構成する成分にもなっています。

three糖質、脂質、たんぱく質の代謝を促し、体を動かしたり体温を維持したりしています。

 リンは、エネルギーを蓄えているATPという物質を構成しています。
 細胞が生命活動を営む上で必要なエネルギーを作るときには、
 このATPからリンがビュンと切り離されて(音はでませんよ/笑)
 ADPという物質に変化することによって生まれます。
 こんな現象が、体のいたるところで一秒間に何回も起きて
 エネルギーを作りだしています。

 
four体液中のリン酸塩は、pH値を一定に保ち浸透圧の調整を行ったり、神経の伝達をサポートしています。


 

Q.どんな食品に多く含まれていますか?

煮干し、桜エビ、削りカツオ、卵、大豆、高野豆腐、のり、昆布、牛乳、ヨーグルトなどに多く含まれています。
この他にも広く植物性、動物性食材に含まれています。


Q.リンが少なすぎると、どのような問題が発生しますか?

骨や歯が弱くなったり筋力が低下したりします。
ただし、リンは色々な食材に含まれますので、普通の食事で不足するということは、あまり考えられないといわれています。

 

Q.リンを取りすぎると、どのような問題が発生しますか?

骨が弱くなったり腎機能の低下をもたらします。
リンが過剰になると、カルシウムの吸収が阻害されるためです。
また、リンは多くの加工食品に添加物として使われているため、過剰になりやすい傾向があるといわれています。


Q.リンとカルシウムはどのような関係ですか?

リンとカルシウムは、血液中でバランスを保って存在しています。
上記Qでも書いた通り、リンが過剰になるとカルシウムの吸収が阻害されるために、このバランスが崩れてしまいます

AAFCOの基準では、カルシウム1~2に対して、リン1のバランスで摂取するのが効果的といわれています。

 

Q. ペットたちが口にする加工食品に添加されるリンはどのように表示されていますか?

ピロリン酸鉄リン酸塩ピロリン酸ナトリウムなどと表示されています。
また、pH調整剤と表示されるものの中にリン酸塩が含まれることも多いようです。

買い物の際に、こんなところをちょっと気にして見てみるのもいいかもしれませんね。


さて、過剰症やカルシウムとのバランスなどについて触れたことで、
何か不安を感じた方はいらっしゃいませんか?

リンを多く含む食材を見ると、同時にカルシウムを多く含む食材でもあります
ね。

また、
◆リンの含有量が多く、カルシウムが少ない食材
◆リンの含有量が少なく、カルシウムが多い食材

などありますので、色々な食材を使うことで、自然とバランスがとれてきます。
大切なことは、
一つの食材や栄養素にこだわらず、普段から色々な食材を取り入れること。

もちろん、水分たっぷりの食事をすることで、過剰なミネラルも体の外に排出することができますね。

 

(文章:上住インストラクター
上住インストラクターのブログを見てみたい方はこちら!→「幸せのテーブル

 
 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

桜えびを丸ごと食べてしっかりいただく『キチン・キトサン』

今日はキチンキトサンについてQ&A形式でお伝えします!

 

Q.キチンキトサンとはなんですか?

カニ・エビ・などの甲殻類の殻や、きのこ類の細胞壁などに含まれる、食物繊維の一種です。キチンを『利用しやすく』したものキトサンです。

●キトサンの中には処理工程上キチンが残ってしまうため「キチンキトサン」と呼ばれています。
●健康食品(サプリメント)として利用・開発されているのはキトサン成分です。

キトサンの利用は、食品の他に医療・工業・農業・衣料・化粧品など、多岐にわたっています

 
 

Q.キチンキトサンは動物性の食物繊維の一種であると聞きました。野菜などの食物繊維となにか違いがあるのですか?

動物性食物繊維は不溶性食物繊維に分類されます。
食物繊維の働きとしては、野菜などに含まれる不溶性食物繊維と違いはありません。

 
 

Q.キチンキトサンはどんな働きがあるの?
 

◆便通をよくする
◆腸内環境を整える
◆食物中の脂肪分の排泄を促す
◆血圧を下げる
◆白血球の一種、マクロファージの働きを活性化させ、免疫力や自然治癒力を上げる

などがあります。

 

Q.キチンキトサンを摂取しすぎるとどうなりますか?
 

栄養素の吸収を阻害したり、便秘になります。
健康食品からの摂取の際は、表示量を守って摂取してください。

 
 

Q.キチンとキトサンが多く含まれている食材はなんですか?

カニ・エビ・オキアミの殻、きのこ類、チーズなどに含まれます。

 
 

Q.ペットへの効果的な与え方(給餌方)を教えてください。
 

干しエビや桜海老を、食事の香り付けとして、食材と一緒に炒めたり、煮たりして与えます。

 

香りがよく我が家のワンズに大好評の、桜海老
ミネラル分キチンキトサンも丸ごと美味しく頂いています。

(文章:高岡インストラクター

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

アスパラガスの気になる栄養素『ルチン』

今回は、アスパラガスにも含まれている『ルチン』についての疑問に答えていきます。
栄養のお話って難しいと思われがちですが、知れば知るほどおもしろい!

みなさん準備はいいですか???
今日からあなたもアスパラ博士目指しましょう!

 

Q.ルチンとはどのようなものですか?また、体の中でどのような役割を果たしてくれているのですか?

ルチンとは、ビタミンCの研究中に発見されたビタミンPの一種です。
ビタミンPは水溶性のビタミン様物質(ビタミンと似た働きをする)でフラボノイド化合物と総称されることもあります。

ルチンは、毛細血管を丈夫にし栄養や空気のやり取りの透過性を保持、血行も促進するほか、
血圧を適正にコントロールします。

『血管補強薬』として医薬品としての認可がおりており、血管補強の二次効果として
動脈硬化や出血性の病気、高血圧生活習慣病の予防に有望な機能性成分です。

強い抗酸化作用
を持っている点も魅力的ですね。

 

Q.ルチンとビタミンCを一緒に摂取した方が良いと聞きましたが、それはなぜですか?

ルチンは発見された経緯から見ても、ビタミンCとの関連が深い栄養素です。

ルチンとビタミンCを同時に摂取することで、ルチンビタミンCの吸収を促するだけでなく、その体内での働きをサポートします。

例えばビタミンCの酸化を防ぐことで、ビタミンCの持つ抗酸化作用がパワーアップし、細菌の侵入も防ぎます。

 

また、ビタミンCの働きをサポートすることで、コラーゲンの合成を勧めます。
美に興味のある皆さんが大好きなコラーゲン!です。美肌にルチン!!(笑)
実は、このコラーゲンの合成をサポートすることで毛細血管が丈夫になるんですね。

ルチンとビタミンCの関係を見ても分かるように、栄養素というのは、何か1つを摂れば良いというわけではなく、相互作用があるので上手に摂って健康を維持しましょう!

 

Q.インターネットで調べると、「ルチンはフラボノイドの一種」と表現されていたり、「ルチンはポリフェノールの一種」と表現されていたりしますが、このフラボノイドやポリフェノールって何ですか?

appleポリフェノールとは…

フランス人は動物性脂肪を多く摂取するのに、
動脈硬化の疾患が少ないのは赤ワインでポリフェノールをとっているから!
という学説で脚光を浴びました。

ポリフェノールはほとんど全ての植物に含まれる成分で、たくさんの種類があります。
皆さんがよく耳にする、アントシアニンクルクミンカテキンイソフラボンなど…

大きく分類すると、淡黄色や無色のフラボノイド系とカテキンやアントシアニンなどのノンフラボノイド系のものに分かれます。

ポリフェノール
は、ビタミンCやビタミンEに負けない強い抗酸化作用を持っていて、活性酵素の掃除屋とも言われています

 

bananaフラボノイドとは…

ポリフェノールの一種で、淡黄色の水溶性の植物色素。
化学構造上、2つのベンゼン環を3つの炭素原子でつないだジフェニルプロパン構造を持つ化合物の総称で、ビタミンPとも呼ばれます。

これでポリフェノール、フラボノイド、ビタミンPとルチンの関係が少しわかったような気がしませんか?

>>>

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ポリフェノールフラボノイドビタミンPルチン
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

 

Q.ルチンの取り過ぎで良くないことはありますか?

水溶性ビタミン様物質ですので、体内に蓄積されることはなく尿として体外に排出されます
食品に含まれている量を摂取する範囲でルチンには過剰症、欠乏症の心配はありませんのでご安心下さい。
ただしサプリメントとして摂取する場合は、摂取量にお気をつけ下さい。

 

Q ではルチンは摂取しなくても良いのでしょうか?

ルチンの様なビタミン様物質は体内で合成される量で十分補えるため、生命維持のために必要な量が不足することはないと考えられています。

しかし疾病予防健康維持に役立つという観点から注目されている栄養素です。

 

Q.ルチンが含まれる食材は、アスパラガスの他に何がありますか?

ルチンといえばそば!という位、そばに含まれている事が有名です。
特に多く含まれるのは『韃靼そば』といわれています

しかしルチンは水溶性のため茹で汁に出ちゃいますよね。
そこでおそばを食べるときは、そば湯を飲む。
昔の人の食生活は理にかなってます

ちなみにアスパラガスに含まれているルチンは、穂先のほうにたっぷり含まれてます
そのほかになす、ほうれん草、トマト、じゃがいもなどの野菜に含まれています

 

Q.ペットへの効果的な与え方(給餌方)はありますか?

水に溶けるという性質から考えると、

● 細かく切った後に水につけっぱなしにしない
● 茹で汁も使用する

という事を心がけると良いでしょう。

野菜たっぷりのスープにすると、水に溶け出したルチンを効果的に摂取することができます
野菜が苦手な子ならばペーストにしてポタージュにしてもいいですね。

そこの短く切ったおそばを加えると◎満点◎です

ちなみにアスパラガス、お水を入れた容器に立てて冷蔵保存すると新鮮長持ち。
お野菜は育った環境に近い状態で保存するといいですよ。
貝割れ大根のパックや牛乳パックなどを再利用するのもオススメです♪

 

(文章:諸岡インストラクター

諸岡インストラクターが作るごはんやオヤツが購入出来ます!→「ワンズカフェクラブ

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

アスパラの気になる栄養素…『アスパラギン酸』

アスパラガス

その中には魅力的な栄養素がたくさん含まれているわけですが
今回はその中でも「アスパラギン酸」に注目してみました。

アスパラギン酸について調べてみるとなかなか奥深くて、
知らないことも多く「へぇ〜」「ほぉ〜」という部分が
たくさんありましたので、Q&Aという形でお伝えしたいと思います。

普段、何気に食べているアスパラガス、ちょっと知るだけで
もっと美味しく食べられるかもしれませんね♪


Q.アスパラギン酸とは何ですか?

その名からもなんとなく察しがつきそうですが…
これからが旬の「アスパラガス」から発見されたことでこの名がついた『非必須アミノ酸』のひとつです。

 

Q.「非必須アミノ酸」とはなんですか? また、「必須アミノ酸」とどう違うのですか?

たんぱく質を構成する20種類のアミノ酸のうち、体内で合成することができないか、または充分な量を合成することができないため食品から摂取しなくてはならないアミノ酸を「必須アミノ酸」といいます。必須アミノ酸に対し、体内で合成することのできるアミノ酸を「非必須アミノ酸」といいます。

『非必須アミノ酸は、体内で合成することができるので、わざわざ摂取する必要はないのでは?』

と思われるかもしれませんが、それぞれの特性を知りちょっと意識して摂取することで、体に嬉しい効果が得られることもあります。

普段の生活で旬の食材として上手に取り入れることができるとよいですね。

 

Q.アスパラギン酸の役割、効果はどのようなものですか?

エネルギーの代謝効率を高めたりミネラルの運搬に関与することで、疲労回復を助ける、免疫力を高める、スタミナをつける、などの効果があるといわれています。
また、脳における神経伝達物質としての役割もあります。

 

Q.アスパラギン酸が含まれる食材は、アスパラガスの他に何がありますか?

豆類、もやし、さとうきび、牛肉、豚肉、鶏肉、桃、ナッツ類の他
小麦胚芽、うなぎ、まぐろ、のりなど多くの食材に含まれています。

 

Q.アスパラギン酸が疲労回復、スタミナアップに効果的な理由を教えてください。

ちょっとややこしいのですが…頑張って読んで下さい(笑)

『クエン酸回路』という体の中のシステムを介して、アスパラギン酸からオキサロ酢酸が生じます
このオキサロ酢酸は、『糖新生』というグルコース(糖:エネルギー源)を産生する体のシステムにおいてグルコースの原料になります。
つまり、アスパラギン酸が存在することで『アスパラギン酸→オキサロ酢酸→グルコース(エネルギー源)』という流れが活発になります。
 

その結果、エネルギー代謝が高まることで、疲労回復、スタミナアップに繋がります。

また、カリウム、マグネシウムなどのミネラルが不足するとアスパラギン酸をオキサロ酢酸に変換するクエン酸回路』の流れが悪くなり、結果、エネルギーを十分に作り出せず、疲れやすい、力が出ないなどの状態が生じます。アスパラギン酸はこれらのミネラルの運搬役としてもとても重要です。

 

Q.アスパラギン酸が不足すると、どのようなことが起こると考えられますか?

エネルギー不足のため,疲れやすくなり、様々な外的刺激に対する抵抗力が弱くなると考えられます。
その他にも、神経伝達物質としての働きがあるため、(犬猫にどこまで影響するかはわかりませんが)、人の場合にはアスパラギン酸が不足することで気分が落ち込みやすくなると言われています。

 

Q.アスパラギン酸を摂取しすぎるとどうなりますか?

今のところ過剰摂取による重大な副作用は報告されていません。

ただし、毎日バケツ1杯アスパラガスを食べるなど極端なことをしてしまうと、思いもよらぬ副作用が出てしまうかもしれません。

食べろと言われても食べられるものではないでしょうが(笑)

アスパラガスに限ったことではありませんが何事もほどほどに〜。

 

 

(文章:大竹由紀インストラクター

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

リンク集

diamond** Sing ken ken ** そ、 気楽にいきましょ〜♪
 http://singkenkenyuyu.blog86.fc2.com/

diamond犬の手作りごはんレシピ
 http://petgohan.naganoblog.jp/

diamond長谷川家のわんごはん
 http://star.ap.teacup.com/lapumahase/

diamondイヌだって 手作りごはん♪
 http://kamenokodo.eshizuoka.jp/

diamond獣医師KONTANIの手作り食一問一答
 http://filou.cocolog-nifty.com/blog/

diamond所沢の訪問型ペットシッター トコトコ
 http://toco2dog.com/

diamondペットの相談室Dr.のん
 http://drnon.com

diamond@犬まみれ犬ごはん
 http://licca111.blog88.fc2.com/

diamondいぬ日和。時々寄り道。
 http://www.wandeli.jp/blog/inubiyori/ 

diamond♪愛犬といっしょにフードセラピー&ハーバルセラピー
 http://minipinluck.jimab.net/

diamond♪にゃんこらぼ。ー名古屋で手づくり猫ごはんー
 http://ameblo.jp/harapee/

|

トップページ | 2009年6月 »