« アスパラの気になる栄養素…『アスパラギン酸』 | トップページ | 桜えびを丸ごと食べてしっかりいただく『キチン・キトサン』 »

アスパラガスの気になる栄養素『ルチン』

今回は、アスパラガスにも含まれている『ルチン』についての疑問に答えていきます。
栄養のお話って難しいと思われがちですが、知れば知るほどおもしろい!

みなさん準備はいいですか???
今日からあなたもアスパラ博士目指しましょう!

 

Q.ルチンとはどのようなものですか?また、体の中でどのような役割を果たしてくれているのですか?

ルチンとは、ビタミンCの研究中に発見されたビタミンPの一種です。
ビタミンPは水溶性のビタミン様物質(ビタミンと似た働きをする)でフラボノイド化合物と総称されることもあります。

ルチンは、毛細血管を丈夫にし栄養や空気のやり取りの透過性を保持、血行も促進するほか、
血圧を適正にコントロールします。

『血管補強薬』として医薬品としての認可がおりており、血管補強の二次効果として
動脈硬化や出血性の病気、高血圧生活習慣病の予防に有望な機能性成分です。

強い抗酸化作用
を持っている点も魅力的ですね。

 

Q.ルチンとビタミンCを一緒に摂取した方が良いと聞きましたが、それはなぜですか?

ルチンは発見された経緯から見ても、ビタミンCとの関連が深い栄養素です。

ルチンとビタミンCを同時に摂取することで、ルチンビタミンCの吸収を促するだけでなく、その体内での働きをサポートします。

例えばビタミンCの酸化を防ぐことで、ビタミンCの持つ抗酸化作用がパワーアップし、細菌の侵入も防ぎます。

 

また、ビタミンCの働きをサポートすることで、コラーゲンの合成を勧めます。
美に興味のある皆さんが大好きなコラーゲン!です。美肌にルチン!!(笑)
実は、このコラーゲンの合成をサポートすることで毛細血管が丈夫になるんですね。

ルチンとビタミンCの関係を見ても分かるように、栄養素というのは、何か1つを摂れば良いというわけではなく、相互作用があるので上手に摂って健康を維持しましょう!

 

Q.インターネットで調べると、「ルチンはフラボノイドの一種」と表現されていたり、「ルチンはポリフェノールの一種」と表現されていたりしますが、このフラボノイドやポリフェノールって何ですか?

appleポリフェノールとは…

フランス人は動物性脂肪を多く摂取するのに、
動脈硬化の疾患が少ないのは赤ワインでポリフェノールをとっているから!
という学説で脚光を浴びました。

ポリフェノールはほとんど全ての植物に含まれる成分で、たくさんの種類があります。
皆さんがよく耳にする、アントシアニンクルクミンカテキンイソフラボンなど…

大きく分類すると、淡黄色や無色のフラボノイド系とカテキンやアントシアニンなどのノンフラボノイド系のものに分かれます。

ポリフェノール
は、ビタミンCやビタミンEに負けない強い抗酸化作用を持っていて、活性酵素の掃除屋とも言われています

 

bananaフラボノイドとは…

ポリフェノールの一種で、淡黄色の水溶性の植物色素。
化学構造上、2つのベンゼン環を3つの炭素原子でつないだジフェニルプロパン構造を持つ化合物の総称で、ビタミンPとも呼ばれます。

これでポリフェノール、フラボノイド、ビタミンPとルチンの関係が少しわかったような気がしませんか?

>>>

 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
   ポリフェノールフラボノイドビタミンPルチン
 ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

 

Q.ルチンの取り過ぎで良くないことはありますか?

水溶性ビタミン様物質ですので、体内に蓄積されることはなく尿として体外に排出されます
食品に含まれている量を摂取する範囲でルチンには過剰症、欠乏症の心配はありませんのでご安心下さい。
ただしサプリメントとして摂取する場合は、摂取量にお気をつけ下さい。

 

Q ではルチンは摂取しなくても良いのでしょうか?

ルチンの様なビタミン様物質は体内で合成される量で十分補えるため、生命維持のために必要な量が不足することはないと考えられています。

しかし疾病予防健康維持に役立つという観点から注目されている栄養素です。

 

Q.ルチンが含まれる食材は、アスパラガスの他に何がありますか?

ルチンといえばそば!という位、そばに含まれている事が有名です。
特に多く含まれるのは『韃靼そば』といわれています

しかしルチンは水溶性のため茹で汁に出ちゃいますよね。
そこでおそばを食べるときは、そば湯を飲む。
昔の人の食生活は理にかなってます

ちなみにアスパラガスに含まれているルチンは、穂先のほうにたっぷり含まれてます
そのほかになす、ほうれん草、トマト、じゃがいもなどの野菜に含まれています

 

Q.ペットへの効果的な与え方(給餌方)はありますか?

水に溶けるという性質から考えると、

● 細かく切った後に水につけっぱなしにしない
● 茹で汁も使用する

という事を心がけると良いでしょう。

野菜たっぷりのスープにすると、水に溶け出したルチンを効果的に摂取することができます
野菜が苦手な子ならばペーストにしてポタージュにしてもいいですね。

そこの短く切ったおそばを加えると◎満点◎です

ちなみにアスパラガス、お水を入れた容器に立てて冷蔵保存すると新鮮長持ち。
お野菜は育った環境に近い状態で保存するといいですよ。
貝割れ大根のパックや牛乳パックなどを再利用するのもオススメです♪

 

(文章:諸岡インストラクター

諸岡インストラクターが作るごはんやオヤツが購入出来ます!→「ワンズカフェクラブ

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

« アスパラの気になる栄養素…『アスパラギン酸』 | トップページ | 桜えびを丸ごと食べてしっかりいただく『キチン・キトサン』 »

ビタミン・ミネラル」カテゴリの記事