« 誰もが知っている色素の有名人〜「カロテン」 | トップページ | 植物に備わるグリーンパワー!「クロロフィル」 »

動物が持つビタミン 〜ビタミンA〜

今回ご紹介する栄養素は「ビタミンA」。

前回のメルマガ&ブログでご紹介した「カロテン」とは、
深〜い関係がある栄養素です。

 

【Q&Aで再確認! ビタミンAについて】

 
Q.ビタミンAは体の中でどのような役割を果たしている栄養素ですか。

主に動物性食品に含まれているビタミンで、
別名レチノールとも呼ばれます。

吸収された後、体内で
レチナール・レチノイン酸といった活性型に代謝されることで
様々な作用に関与しています。

 

レチノール は
肝臓に貯蔵すること以外に皮膚の正常化や生殖・成長

レチナール 
視覚の正常化

レチノイン酸 
皮膚の正常化・成長促進

それぞれ関与しています。

 

こうして
皮膚や粘膜の正常保持によって感染症を予防したり
視覚の正常化や発育促進をしたりと
体内での重要な役割を担っています。

 
 

また、1996年の総合学術雑誌「Nature」には、

レチノイン酸が『日焼けが原因で起こる「小じわ」を防御する』

という論文が発表されています。

 

ただし!
だからといって

「レチノイン酸を含む完璧なクリーム」

なんて甘いお言葉通りの恩恵があるかどうかは、
賢明な読者の皆さんであれば、
きっとお分かりになりますよね!

 
 

Q.ビタミンAは脂溶性ビタミンですが、
脂溶性ビタミンとはどのような特徴があるのですか。

そのものズバリ! 
水には溶けず、油に溶けやすいビタミンです

 
体内では、脂溶性ゆえに生体膜を通過することができます

それにより、遺伝子への働きかけなどホルモンのような作用をするため
ビタミンながら「ホルモングループ」と考えられることもあります。

 
 

また、脂溶性のため、ビタミンAは摂り過ぎると体内に蓄積されます
β-カロテンは貯蔵もされますが、排出もされます

そのため過剰摂取すると様々な健康被害を引き起こす恐れがあります
(健康被害については後ほどお答えします)

 
 
 

Q.ビタミンAを過剰摂取するとどうなりますか?

ビタミンAを急激に過剰摂取するとビタミンA過剰症が現れます。
主な症状は、吐き気頭痛めまい目のかすみなどです。

 

長期摂取によるビタミンAの毒性は、
数ヶ月または数年もの間、
1日の上限量以上の量のビタミンAを摂取した時に起こることが
報告されています。
主な症状は、中枢神経系への影響肝臓の異常などです。

 
 妊婦がビタミンAを過剰摂取すると、
 胎児に奇形を起こす可能性が高くなる、と報告されていますが、
 ビタミンAを多く含む食品(レバーなど)を1回程度食べたような条件では、
 この過剰摂取による影響をそれほど心配する必要はありません。

 
その他、
動物の場合
要求量の十〜数十倍量を摂取させることで、

●脊椎および関節の硬直や
●軟骨形成不全
●骨粗鬆症
●コラーゲン合成阻害

などを招くことがあります。

 

Q.ビタミンAが不足するとどうなりますか?

視覚障害が現れます

弱い光を感じなくなって夜盲症になったリ、
目の角膜や粘膜に影響が出て悪化した場合、失明することもあります。

また、皮膚や粘膜の乾燥成長障害などを引き起こす恐れがあります。

 
その他、動物の場合
粘膜や皮膚の上皮細胞が剥離しやすくなり、
尿石症や皮膚炎の一因となることがあります

 

 

Q.ビタミンAの栄養表示でよく
「レチノール当量」という言葉を見かけますが、
どういう意味ですか。

ビタミンAの量を表す単位です。
「RE」でも表されます。

 
ビタミンAは

①動物性食品からの摂取

と、もう一つ、

②植物性食品からカロテノイドとして摂取されてレチノールへと変化

するため、

ビタミンA総量=①と②を足したレチノールの総量

が基準になります。

 

以前は
「レチノール」「カロテン」といった、単体での表示以外に
ビタミンA効力(国際単位:IU)」が表示されていましたが、
現在ではこの「レチノール当量」を表示する傾向にあります。


 

 ◇ ◆ レチノール当量算出式 ◆ ◇
 レチノールと1/12β-カロテン当量を合計する計算式で算出されます。
 レチノール当量 1μg=3.33 IU、1 IU=0.3μg レチノール当量の関係であり、
 レチノール当量の結果×3.33で IU値に換算できます。

 
 

  
Q.ペットへの効果的な与え方は?

熱に強いというわけではありませんが、
比較的熱による損失は少ないビタミンです。

また、
β-カロテンの吸収を高めるには、加熱料理が適している
ことも知られています。

 

油脂と一緒に摂ると吸収率がアップしますので、
野菜炒めなどがお薦めです。

ちょっと趣向を変えて、
具材たっぷりチャーハンにチャレンジ!
してみるのも良いかもしれませんね♪

 

 
(文章:小林裕子インストラクター

 

小林インストラクターが発信するためになる情報ブログはこちら!→** Sing ken ken ** そ、 気楽にいきましょ〜♪

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

 

|

« 誰もが知っている色素の有名人〜「カロテン」 | トップページ | 植物に備わるグリーンパワー!「クロロフィル」 »