« 植物に備わるグリーンパワー!「クロロフィル」 | トップページ | 魚に含まれる脂肪酸のチカラ 〜EPA&DHA〜 »

話題の脂肪酸に着目!〜不飽和脂肪酸とは?

今回のテーマは、「不飽和脂肪酸」です。

アジなど魚類にはほとんど含まれていますよね。
今回は少し詳しく探ってゆきましょう。


Q.不飽和脂肪酸とは何ですか?

脂質は脂肪酸からなっているのですが、
その脂肪酸のうち炭素の二重結合を含むものを不飽和脂肪酸といいます。

室温で液体であるという特徴があります。

例えば、

オリーブオイル(不飽和脂肪酸)は常温で液体ですが
ラード(飽和脂肪酸)は固体ですね。


エネルギー源や身体の構成成分となるほか、

血中の中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きがあります。




Q.魚や植物に多く含まれる脂質だということですが、豚肉や牛肉などの獣肉に含まれる脂質とは何が違うのですか?

獣肉に含まれる脂質は飽和脂肪酸といいます。

炭素の二重結合を含みません。
●室温で個体です。
●摂取が過剰になると、肝臓でコレステロールの合成を促進し、
 血中コレステロール値を上げてしまいます

 

脂肪酸はその構造によって体内での作用や役割が異なります。

 飽和脂肪酸のようにコレルテロールを作ったり
 不飽和脂肪酸のように減らしたり

 互いに影響しあいながら作用をしています。


Q.一価不飽和脂肪酸の働きと、多く含まれる食品を教えてください。

数種類の脂肪酸がありますが、中でも
オレイン酸は聞いたことがあるのではないでしょうか?

オリーブオイルや、サフラワー油などに含まれます。

酸化しにくく、過酸化脂質になりにくいと言われています。

特にオレイン酸血中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる働きがあります


 

Q.n-3多価不飽和脂肪酸の特徴と、多く含まれる食品を教えてください。

αリノレン酸IRADHA などがあげられます。
おもに、いわし、サバ、サンマ、ブリ、海藻類などに含まれます。

n-3系脂肪酸
細胞膜や体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料となる物質です。

血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を減らし、
HDL(善玉)コレステロール値を上昇させる作用があります。

血栓ができるのを防いだり、といった
動脈硬化予防の働き
もあります。

抗炎症作用を持った物質としても注目されています。

 

 
Q.n-6多価不飽和脂肪酸の働きと,多く含まれる食品を教えてください。

リノール酸γ-リノレン酸アラギドン酸などがあげられます。
おもに、大豆油、ひまわり油、魚類などに含まれます。
リノール酸はナッツ類に多く含まれます。

n-6系脂肪酸
細胞膜や体の仕組みに働きかける生理活性物質の材料となる物質です。

血液中のコレステロール値を減少させる作用があります。
逆に取りすぎるとHDL(善玉)コレステロールも減ってしまいます。

多く摂り過ぎると
アレルギー症状を起こす物質の合成を増やして
症状を悪化させたりするといわれています。

Q.脂肪酸は酸化しやすいと聞きますが、摂取の際に気をつける事はありますか?

保存するときになるべく空気に触れないように密閉するなどして
気をつけると良いと思います。
新鮮なうちに、消費するのが一番良いでしょう。

 
酸化を防ぐ意味で、
抗酸化物質の含まれる食材を一緒に摂ってみたらいかがでしょう。


代表的なところでビタミンEは強い抗酸化物質です。
しかも、油との相性の良い脂溶性ビタミンです。

アーモンド、松の実、モロヘイヤ、赤ピーマン、
うなぎ、焼き海苔などに含まれます。
植物油の中でも、ひまわり油、綿実油、サフラワー油など、
また、魚類の中にもビタミンEは含まれています。
ビタミンEの働きにはビタミンCも密接に関わっています。
お互いに協力しながら酸化物質の生成を防いでいます。

他には、緑黄色野菜などに含まれているβーカロテン抗酸化物質です。
単一の脂肪酸だけ、栄養素だけに注目し摂取するよりも
まんべんなく食材を食べることによって、いろんな脂肪酸を摂取できますし、

なにより、自然と
ビタミンE、C、βーカロテンなどの抗酸化物質の恩恵を
知らず知らずに受けていたりするのです。

 

(文章:羽生田さゆりインストラクター

 

羽生田インストラクターの作る手作りごはんも見てみたい!
 たーんとご覧あれ♪ → 「犬の手作りごはんレシピ

 
 
 
 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

« 植物に備わるグリーンパワー!「クロロフィル」 | トップページ | 魚に含まれる脂肪酸のチカラ 〜EPA&DHA〜 »

脂質」カテゴリの記事