« 魚に含まれる脂肪酸のチカラ 〜EPA&DHA〜 | トップページ | 体の酸化を防ぐ色素『リコピン』 »

夏バテを予防しよう!疲労回復のビタミン『ビタミンB1』

今回は、疲労回復のビタミンと呼ばれているビタミンB1のお話です。

 

Q.ビタミンB1は、体のどのような作用に関与するビタミンですか

まず、ビタミンには水溶性ビタミン脂溶性ビタミンがありますが、
ビタミンB1は水溶性ビタミンです

水溶性なので、過剰に摂取した場合は尿中に排泄されます。

ビタミンB1は、体のどのような作用に関与するかというと・・・

糖質の代謝をおこなう酵素を助ける「補酵素」として働き、
エネルギーを産生し、神経・筋肉などへエネルギーを供給します。

つまり、
ビタミンB1がないと
糖質からエネルギーが産生できない
わけですね。

 このビタミンB1が産生する「糖質からのエネルギー」は、
 脳や神経組織の唯一のエネルギー源なので、
 脳の中枢神経や手足の末梢神経の機能の正常化や
 心臓機能を保護する働きもあります。

 また、「糖質からのエネルギー」
 ストレスを緩和する働きや、
 疲労物質(乳酸)が体内に蓄積されるのを防いで
 疲労を緩和し、回復を早める効果もあります。

 

ビタミンB1は代謝スピードが早く、
しかも貯蔵されにくい性質を持っているため、
継続的に摂取する必要があります。

 

Q.ビタミンB1がダイエットに効果があると聞きましたが、本当ですか。

ダイエットのポイントは、
摂取した食物の「代謝」を効率的に行うことです。

糖質の代謝を効率的に行うという意味では、
ダイエット時には必要不可欠の栄養素といえるでしょう。

もちろん、
ビタミンB1をとっただけで必ずやせるというわけではありません。

糖質がエネルギーに”なりやすい” ということなので、
まったく運動もしないでそのエネルギーを使うことをしなければ
せっかくのビタミンB1の効果も生かすことはできませんね。

ただ、
普通に生活するだけでもエネルギーを消費していますから、
ビタミンB1の多い食品をとるに越したことはありません。

 

 
Q.ビタミンB1が欠乏するとどうなりますか

ビタミンB1の欠乏で有名なのは脚気ですね。

脚気は
心不全によって下肢のむくみが、
神経障害によって下肢のしびれが起きるというものです。


また、ビタミンB1が不足すると、
糖質がエネルギーとして利用できなくなり
体に乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなります。

結果、

●疲労倦怠感
●食欲不振 
  などを引きおこし

●体重減少
●発育不良
   をおこします。

 
そして、
糖質は身体だけでなく、脳や神経のエネルギー源でもあるために、
不足すると集中力がなくなったりイライラが起こったりします

さらには手足のしびれむくみ動悸などといった症状が出てきます。

 

そのほかの症状としては・・・

●食欲不振
●多発性神経炎
●運動失調などの神経障害(猫)
●不全麻痺や心臓肥大(犬)

が生じます。


Q.ビタミンB1が過剰になるとどうなりますか

ビタミンB1は水溶性ビタミンなので、
過剰に摂取しても尿と一緒に対外に排出されてしまうので、
過剰摂取の心配はありません。


Q.ビタミンB1はどのような食材にたくさん含まれていますか。

豚肉、牛・鶏レバー、鮭、うなぎ、玄米、
大豆、インゲン豆などに多く含まれています。

夏バテしたときに豚肉やうなぎが健康に良い、というのは
こういったところから来ているのでしょう。

 

 
Q.ビタミンB1の吸収や効果に影響を与える要素があれば教えてください。

●煮汁ごと食べられる調理法で

ビタミンB1は水溶性ビタミンで熱に弱いため、
調理をするとかなりの量が失われてしまいます

冷凍保存した際の解凍・水洗いなど、
調理による損失は30〜50%といわれています。

ですから、
煮汁ごと食べられるような料理にするといいですね。
また、野菜はぬか漬けにするとビタミンB1が増えるそうです。

●米を炊く時はミネラルウォーターで

米をとぐときは
水道水も蒸留水も減り方は同じですが

米を炊くときには
蒸留水を使うと損失が少ないので、
炊飯にはミネラルウォーターを使用するとよいです。


●にんにくと一緒の調理で

にんにく等に含まれるアリシンという物質が
ビタミンB1と 結合してアリチアミンを生じます。
このアリチアミンは水に溶けにくく熱にも強いため、
調理による損失が少なくてすみます。

 

●アノイリナーゼに注意!

わらびやぜんまい/鯉などの淡水魚/貝類には、
アノイリナーゼ(チアミナーゼ)という
ビタミンB1を分解する酵素が含まれています。

アノイリナーゼ(チアミナーゼ)
加熱によって分解できるので、
ビタミンB1を摂取したいときには、
これらの食材は加熱調理して用いるようにしましょう。


 

(文章:荒木明子インストラクター

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

« 魚に含まれる脂肪酸のチカラ 〜EPA&DHA〜 | トップページ | 体の酸化を防ぐ色素『リコピン』 »

ビタミン・ミネラル」カテゴリの記事