色素

体の酸化を防ぐ色素『リコピン』

今回はちょっと聞きなれない(?)『リコピン』についてのQ&Aです。

 

Q.リコピンとはどのような栄養素ですか?

カロテンの仲間の赤い色素の事です。

 
 

Q.リコピンの働きの中に「抗酸化作用」があると効きましたが、これはどのような作用ですか?

活性酸素を除去する働きのことです。

活性酸素は、
細胞を傷つけ生活習慣病やガンの原因にもなるといわれています

リコピンはこの抗酸化力が大変優れており、
βカロテンの約2倍といわれています。

 

Q.リコピンの過剰摂取による危険性はありますか?

特にありません。
また、食品から摂取する場合には、過剰の心配はありません

 
 

Q.リコピンには抗酸化作用以外にも効能がありますか

 
・動脈硬化の予防
・ガンの予防
・目の健康維持
・抗アレルギー作用

などが期待できます。

すべて活性酸素の悪さを防ぐことで病気の予防に繋がっています。
(活性酸素は過度な運動/紫外線/ストレスなどが原因で体内に発生します)

 
たとえば、

体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐと白内障やアトピー性皮膚炎に効果が。

●血中コレステロール(LDL)の酸化を防げば動脈硬化に効果が。 

といった具合です。

●活性酸素の染色体の攻撃を防げばガン予防ですね。

 
 紫外線の刺激で皮膚に活性酸素が発生し、
 それが皮膚ガンの原因にもなりますが、
 
 皮膚だけにとどまらず
 皮膚を流れる血管中のリンパ球にまで
 ダメージを与えることもありますので、
 夏で丸刈りになったワンちゃんネコちゃんは、
 ちょっと注意が必要です。


 

Q.リコピンはどのような食材に含まれていますか。

トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツなどに含まれています。
 

 ちなみに…

 イチゴやリンゴや紫キャベツなどにはアントシアニン
 赤ピーマンやトウガラシなどは、カプサイシンという
 赤い色素が含まれています。

 
 
Q.リコピンの吸収や効果に影響を与える要素があれば教えてください。

一年中手に入りやすいトマトで考えると、生より加熱がオススメです。
加熱により、細胞が壊れてリコピンが出やすくなります。

脂溶性ですので、油と一緒に摂ると吸収率がアップします。

また、加工用のトマトは生食用とは品種が異なり、
●カロテンは約2倍
●リコピンは約3倍

含まれていますので、缶詰なども使うのもオススメです。

 

 

(文章:池田富貴子インストラクター

 

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

植物に備わるグリーンパワー!「クロロフィル」

今回ご紹介する栄養素は「クロロフィル」。

植物に含まれる、緑色の色素についてです。
それではさっそくQ&Aに移りましょう。

 

Q.クロロフィルは植物に含まれる色素成分として有名ですが、どんな働きをする色素なのですか?

クロロフィルとは
私達が学校で習った「葉緑素」の事です。
葉緑素は植物の葉緑体の中にある緑色の色素です。

この葉緑素に光があたると、
まわりにある二酸化炭素と根から吸い上げた水を原料にして、
でんぷんや砂糖のようなものを作ります。
これが 『光合成』 です。

水は 水素と酸素 でできていますが、
正確にいうと、光合成で使うのは水素だけです。
そこで あまった酸素は植物の外(空気中)に排出されます。
これが 『光合成で酸素を作る』 という事です。


クロロフィル(葉緑素)
植物の中で、光合成の働きをしています

 

Q.クロロフィルとクロロフィリンの違いは何ですか?

クロロフィリンとは…

葉緑素の一種であるクロロフィルを加水分解したもの
クロロフィルに含まれるMgイオンを銅イオンや鉄イオンで置き換え、
水に溶けやすく吸収されやすい形にしています。

主に緑色の性質を利用して、
食用色素などの添加物として使われています

 
 

Q.クロロフィルはどのような植物にたくさん含まれているのですか?

パセリ、ピーマン、ほうれんそうなどの緑色の濃い野菜に多く含まれています。

また海草類にも多く含まれています。


Q.犬や猫がこのクロロフィルを摂取すると、どのような影響があると考えられますか?

クロロフィルには強力な脱臭効果があるため、
クロロフィルやその化合物であるクロロフィリンを摂取することで
・体臭
・口臭
・便臭

などを抑える効果が期待されています。

犬や猫には、おやつやガム、サプリメントとして
クロロフィルを含んだ多くの商品が発売されていますので、
それらを利用してみるのもいいかもしれませんね。

それ以外にも、人間のほうで有効性が確認/研究されている
◎血液を浄化する働き
◎動脈硬化の予防
◎活性酸素の抑制

などの働きも期待できると思います。


Q.過剰摂取による弊害はありますか?

天然のクロロフィルに関しましては、
消化吸収されずに働く成分で、副作用は無いと言われています。

 
 
 

(文章:前村さゆみインストラクター

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

誰もが知っている色素の有名人〜「カロテン」

今回は、「カロテン」についてのお話です。

 

「カロテン…うーん。
 よく耳にするけれど、どんな働きをしているの?
  うちの子の体にどんな嬉しい働きがあるの?」

そう思われた飼い主さんたちも多いはず。

 

そんな疑問にお答えしますね♪

 

 
Q.カロテンの種類を教えてください。
また、カロテンの種類によって体の中での働きは違うのでしょうか。

カロテンには様々な種類がありますね^^

・αカロテン
・βカロテン
・γカロテン
・δカロテン
・リコペン

 

基本的にカロテンの仲間は
生物の体内に入ると「ビタミンA」に変わります

 

ただし、カロテンの種類によって
ビタミンA」に変わる比率が異なります

 

βカロテンは、体内で必要に応じて2つに分かれ、
効率よく「ビタミンA」になります。

 
 

他のカロテン類も「ビタミンA」に変わりますが

βカロテンに比べると、わずかな量しか変化しない

といわれています。

 

βカロテンは、細胞膜の損傷を防ぐ働きもすると言われているの
動物の体にとって、とても嬉しい栄養素と言えますね^^



 

リコペンはトマトなどに多く含まれる栄養素です。

抗酸化作用がとても強いと言われています。

 
「トマトが赤くなると、医者が青くなる」

という諺があるくらい、
体に良い食べ物の代表として知られるパワー野菜のトマト


実はこのカロテン類のひとつ、
リコペンの抗酸化作用によるものだと言われています


  
 

Q.βカロテンは「プロビタミンA」と呼ばれる事がありますが、
プロビタミンAとは何ですか

 

動物体内でビタミンAに変化する栄養素を
プロビタミンA」と呼んでいます。

代表は βカロテン です。

 

前項目でも触れましたが、この「ビタミンA」に
最も効率よく変化するのが βカロテン です。

 
『βカロテンがビタミンAに100変わる』
とすると

『αカロテンは53』  
くらい、

『γカロテンで 44』  
くらいです。

 

比較してみると、
βカロテンプロビタミンAの中でも
とても効率よく「ビタミンA」に変わる栄養素だとわかります^^

 

Q.カロテンを摂り過ぎると問題はありますか。

ビタミンA」の過剰摂取は問題を引き起こすことがありますが
カロテンは、多く摂りすぎても問題ありません

 

なぜなら、生物は体内で
「カロテン」→「ビタミンA」へ変化する量を
コントロールできるからです。

 


Q.カロテンが不足するとどうなりますか。

 

カロテンの不足が、

そのまま「ビタミンA」の不足につながるような場合

問題です。

 
ビタミンAはレバーなどの動物性食品からも摂取できますが
そうした食品をまったく摂らず、
ビタミンAの供給源が
植物由来の「カロテン」のみ、というような場合ですね。

 

このような場合は
「カロテン」の不足=「ビタミンA」
の不足
になりますので、

粘膜などが弱くなり感染症にかかりやすくなる
といったトラブルにもつながります。


と言っても
野菜、肉などをバランスよく食べている食生活であれば
通常、両方から十分な量を摂取できるはずですので
さほど心配なさらなくても大丈夫です^^

 


Q.カロテンを多く含む食材はなんですか。

 

かぼちゃ」は βカロテン を多く含む食材の代表選手です^^
にんじんほうれん草にも多く含まれています。

 

優れた抗酸化作用を発揮する リコペン が豊富な食材は
トマトです。

色鮮やかな野菜に多いので
彩りを美しくすると、 カロテン をたくさん摂取することができます♪

 

 

Q.ペットへの効果的な与え方は?
(カロテンの吸収効率を上げる給仕方法は?)
 

カロテンは油脂と一緒に摂取すると吸収率が上がります♪

オススメの調理法は油炒めです

オリーブオイルでさっと炒める方法は手軽にできて、
野菜と油がよく絡むので
ぜひ取り入れてみてくださいね!

 

 

(文章:諸橋直子インストラクター

 

諸橋インストラクターのブログはこちら♪
愛犬ぐりちゃんとの毎日が綴られています → 「みんなのぐり。 とその姉さん」


 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

 

 

|