秋のレシピ(10月〜12月)

ねばねばとろ〜り滋養強壮『焼きさばとろろ飯』

こんにちは! 

深まる秋と同時進行で食欲もモリモリなんてことになってませんか?
美味しいものが盛りだくさんですが
くれぐれも食べすぎには注意しましょうね

 

今回のレシピテーマは『やまいも』

やまいもは、ねばねば健康食材
デンプン分解酵素のジアスターゼのほか、酸化還元酵素のカラターゼを豊富に含むため、なるべく生で食べたいものです。

意外にもアクが強いので、すりおろして放置しておくと変色してきます

アク抜きのために皮を厚めにむいて酢水につけておくと、真っ白なとろろになりますよ!

 

今日は
【やまいも】と【脂ののった秋さば】を使ったレシピをご紹介します

 

 

【焼きさばとろろ飯】

 

08

 

clip材料 

 

01  
■犬用 U^ェ^U (体重5キロの犬で約2〜3食分)


・やまいも・・・・・・・・・・30g
・さば・・・・・・半身[約100g]
・ごはん・・・・・・80~100g
・椎茸・・・・1/2個[約10g]
・にんじん・・・・・・・・・・・25g
・油揚げ・・・・・・・・・・・・10g
・小松菜・・・・・・・・・・・・10g
・しょうが・・・・・・・・・・・・・2g
・かぼちゃ・・・・・・・・・・・20g
・ゴマ油・・・・・・小さじ1程度
・すりごま、青のり・・・・少々

■猫用 (=^エ^=) (体重3キロの猫で約2〜3食分)

・やまいも・・・・・・・・・・20g
・さば・・・・・・・・半身(100g)
・ごはん・・・・・・・・・・・・15g
・椎茸・・・・・・・・・・・・・・・3g
・にんじん・・・・・・・・・・10g
・油揚げ・・・・・・・・・・・・・5g
・小松菜・・・・・・・・・・・・・5g
・しょうが・・・・・・・・・・・・1g
・かぼちゃ・・・・・・・・・・10g
・ゴマ油・・・・・・小さじ1程度
・すりごま、青のり・・・・少々

材料は目安となる重量を記載していますが

犬の場合
 魚:ごはん:野菜=1:1:1
猫の場合
 魚:ごはん:野菜=6:2:2 または8:1:1

で素材、使う量は調整してOKです


clip作り方

野菜とさばは食べやすい大きさに切ります。

   02

 

フライパンに油を熱し、火が通りにくい野菜とさばを入れ炒めます
  この時大さじ2~3の水を加えて、蒸し煮にすると
  野菜に火が通りやすくなります

 

03

【U^人^U…ワン・ポイント…U^人^U】
さばに焼き色が付くくらいまでしっかり炒めると、お魚の香りがよく出て嗜好性もあがります。

 

 

 野菜とさばにしっかり火が通ったらごはんを加えます

04

【U^人^U…ワン・ポイント…U^人^U】
冷ごはんを使う時は温めて入れましょう。
温かいごはんを入れれば混ぜるだけでOK、時間短縮です

 

 

 最後に小松菜を加えて火を通しましょう  

05

 

 

 お皿に盛りつけて人肌に冷まします

06

 

 

 おまちかねのやまいものすりおろしをのっけ盛り

07

【U^人^U…ワン・ポイント…U^人^U】
アツアツご飯にやまいもを加えてもいいですが、消化酵素は熱に弱いもの! 
あら熱をとって混ぜることをオススメします

 

 

 

 ミネラル・食物繊維が豊富なすりごまと青のりをトッピングしてもいいですよ

 

08_2

 

このままでもOK!
 

食べやすさを考えたら、ご飯とやまいもを混ぜた方が食べやすく、
ねばねばも気になりません

09

 

ねこちゃん用は
野菜とごはんはペーストに。

Photo

 

 

同じ作り方で作ると、こんな感じに仕上がります。 

Photo_2 【=^人^=…ニャン・ポイント…=^人^=】
どうしてもネバネバが苦手な子はやまいもを刻んでごはんと混ぜ込むのも1つの方法です

 

Photo_3


clipコメント

人間用は、山芋にだしとお味噌を加えて『とろろ汁』

焼きさばの香ばしい風味とねばねばとろとろ~なとろろご飯が楽しめます

 

それでも面倒だなと思ったら、
わんちゃんと一緒のご飯で、炒める時に塩/食べる時に少量の醤油(またはだし醤油)を加えてもgood!

 

さばにはオメガ3脂肪酸のDHAEPAが含まれています

サプリメントもいいですが、天然の食材から手軽に取り入れる栄養素!

お肉もいいけど、ぜひお魚もね

 

お魚が苦手な子は、まず鮭や淡白な白身魚からお試ししてみてもよいと思います

 

そして
今回のテーマ 『やまいも』
トッピングとしても大活躍!

少量ずつ小分けして冷凍しておけば日持ちします

卵焼きに入れたり、片栗粉やくず粉の代わりにとろみつけに使ったりと重宝します

 

唯一生で食べれるイモ類のやまいも。

消化酵素やカリウム、ムチンなど豊富な栄養素を含むためぜひ旬の秋、冬に犬ごはん、猫ごはんに取り入れてみましょう!!


 

(文章:諸岡里代子インストラクター

諸岡インストラクターが作る犬心をがっちりつかむごはんの数々は、こちらでもご覧になれます♪

簡単いぬごはん日記♪
http://ameblo.jp/12gohan/

 

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

|

ししゃもを使ったレシピ 〜「ししゃもの簡単ピッツァ」

皆さんはどんな秋をお過ごしですか?

何を食べても美味しい季節ですが
今日はししゃものメニューをご紹介します!

 

骨がやわらかくて、
頭の先からしっぽまでもれなく食べられる「ししゃも」。

カルシウムたっぷりで、ぜひメニューに加えたい食材です!
猫ちゃんはもちろんのこと、
ワンちゃんもお魚好きが多いみたい。

和風の食材と思われがちですが
今日は、簡単ピッツァを作ってみましょう!

 
 「ししゃもは塩分が心配で・・・」

と思ってらっしゃる方、いらっしゃいますか?

健康なワンちゃん・猫ちゃんであれば
余分な塩分は、水分を取ることできちんと排泄することができます。

ですから、新鮮なお水がきちんと飲める環境であれば、OKです!

 

それでもやっぱり気になる場合、
体内のナトリウムを調整してくれるカリウム豊富な野菜や、
利尿効果の高い食材を一緒に使えば、より安心ですね♪

それではレシピへGO!


clip材料

* * 作りやすい分量 * *
* 【約20㎝の丸型1枚分】*             
*  大型犬   1枚   *
*  中型犬  2/3枚  *
*  小型犬  1/3枚  *
* * * * * * * *

A…生地の材料

 小麦粉    100g
 くず粉     10g
 じゃがいも   50g
 小松菜     10g
 オリーブオイル 20g
 水             少々

0909_178  

 

B…トマトソースの材料
  トマトの水煮缶(カットタイプ)

 

C…具の材料

 ししゃも
 パプリカ
 ブロッコリー(固ゆでにする)
 しめじ
 カッテージチーズ
 フェンネル (なくてもok)

 1

 

                                      

clip作り方

1.Aの小麦粉・細かくすり潰したくず粉とすりおろしたじゃがいも・粗みじん切りした小松菜を混ぜ、水を少しくわえて生地をまとめる。

 

 

2.1の生地を丸くのばして、台を作る。Bのトマトの缶詰の水気をざるで軽く切り、トマトソースとして台に広げる。

5  

 2                                                                                                                                                                                                                                                                                      

3.食べやすい大きさに切った、Cのししゃも・パプリカ・しめじ・ブロッコリー・カッテージチーズをのせる。フェンネルがあれば、添える。

3  

 

4.230℃〜250℃のオーブン、またはオーブントースターでこんがりするまで焼く。(約10〜15分くらい)

4  

 

clipポイント

sign01ピッツアの生地に野菜を練りこんで、食べやすくしました。
生地は発酵無しの、超簡単タイプ!

 

sign01生地にジャガイモを入れているので、「もちっ」とした食感になりますが、くず粉を加えることで、「サクッ」とします。

 

sign01じゃがいも・小松菜・トマト・きのこ類は、カリウムを多く含んでいます。

 

sign01フェンネルは魚にあうといわれるハーブです。利尿効果も高く、消化に良いと言われています。
香りが強すぎない程度に、少量使ってくださいね。

 

cat猫ちゃんの中には、ピッツアの生地や野菜が食べづらい子がいるかもしれません。全部を小さく切って、混ぜてみてください。

 

sign01分量は目安にしてくださいね。

 

 

(文章:阿部弘子インストラクター

 阿部インストラクターのブログはコチラからご覧になれます。  
  → 犬と暮らすlohasな日常 http://lech.tea-nifty.com/blog/

 

ペット食育協会 HP:http://apna.jp/

| | トラックバック (0)